フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】誰に伝えるのか?

   

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Mail from Yamato Suga
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

須賀です。

あなたは、自分のメッセージを「誰に」一番伝えたいのでしょう?

あなたの扱っている商品やサービスは、いったい「誰のため」のものなんでしょうか?
誰の悩みや問題を解決するのでしょうか?
誰に喜んでもらいたいのでしょうか?

もしかしたら、あなたはその商品やサービスが「万人向け」のものだと思っているかもしれません。
でも、世の中には「万人向け」の商品やサービスは、実際には存在していません。
「万人向け」の商品やサービスは、言ってみれば八方美人。
八方美人はモテないとよく言われますが、そういう商品は売れないわけですね。

なので、どんな商品やサービスにも、かならず「ターゲット」が存在します。
もっとも伝えたい相手、もっとも届けたいお客さん、を想定しているということですね。

これについて、すごく参考になる記事を見つけましたので、まずはリンク先を読んでください。
(※読み終わったら戻ってきてくださいね!)
http://toyokeizai.net/articles/-/15959

得たい情報はインターネットを通じてほとんど得られる時代に、雑誌をわざわざお金を出して買ってもらうための工夫。
すごく参考になると思いませんか?

『an・an』は、誰に、どんな情報、コンテンツを届けたいのか、そうすることでどうやって読者のニーズを満たすのか、ということを考えているわけですね。

で、「誰に」伝えるか、届けるかを考える上で重要なのか、「誰が」伝えるか、届けるのかということ。

つまり、なぜ「あなたが」その商品やサービスをターゲットに伝える、届けるべきなのか?ということです。
(マーケティング用語では「ポジショニング」と言うそうです)

こういうことです。
イメージしてください。
あなたは仕事を持つひとりのキャリアウーマンだとします。 なにか手に職を持つ個人事業主でもいいでしょう。
そのあなたから、友人で家庭円満、小さな子どを抱える専業主婦に「片手間でできる副業」を紹介するとします。
その副業を専業主婦が果たして選択するでしょうか?
可能性は低いでしょう。

もし、その専業主婦の旦那が転職を考えているとか、独立起業を考えているとか、本人が離婚してシングルマザーになろうとしているとか、そういった状況でないかぎりは、ピンとこないはずです。 それが普通。

あなたがキャリアウーマンなり個人事業主なら、同じような悩みを持つ人に的を絞って伝える、届けるほうが効率がいいでしょ?

かなりざっくりとした例ですが、そういうことなんです。
ポイントは、あなたの立場に「共感」してもらえるのかどうか?ということ。
立場(ポジショニング)が違うと、見ているモノがズレますから、なかなか話が通じない。

あなたから相手に商品やサービスが伝わる、届くということは、すなわち、相手があなたに「共感」できるということ。

だから、あなたに「共感」できないだろう人たちにアプローチするのはエネルギーのムダ。
その相手の共感を得られる他の人にアプローチを代わってもらうべき。

井口さんのセミナーでよく聞かれるフレーズを最後に紹介します。
・・・・・
人は感情で決断をくだし、理論で後づけする
・・・・・

感情がカギなのです。
相手の共感を得ること、感動を与えること。

相手の感情に働きかけるために、「なぜあなたなのか?」「誰に伝える、届けるのか?」ということを、もう一度考えてみてください。

あなたからしか伝わらない人がいる、というのは、そういう意味です。

バックナンバーなどはコチラから
http://ymtsg.wordpress.com/

メルマガの登録・解除はコチラから
http://emfrm.net/DrP/fr/YS01/jVSCoh
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 - メルマガ , , , , ,