メルマガ

志の、あるなし

投稿日:

須賀です。

この年末年始の個人的なキーワードは、
「志(こころざし)」
だったように思います。

なんとなく、この文字が目につき、
耳に入ってきただけかもしれませんが。

時代の変わり目、というのが各方面で言われて、
「じゃあ、この先はどう生きていくのか?」
というのが問われている。

いろんなものが壊れていく、なんて状況の中で、
なにをどうしたらいいのか?

平々凡々、普通、常識、安心、安全、安定、
こういったものが消えていくとして、では、
なにが残っていくのか?

それはやはり、変化に対応する力であって、
またその根本にあるのは、ブレることのない
「志」なのでしょう。

矛盾しているように感じますか?

降るとみば つもらぬうちに 払えかし
柳の枝に 雪折れのなし

という言葉がありましてね、新陰流の極意だそうで。

柔軟に変化に対応していくには、根本となる軸、幹、根っこが必要なんだと思うわけです。

じゃないと、あちこち振り回されるだけになることもあるので。

だから、新しいもの、流行を追っかけることが処世術になるよ、ってことじゃない。

次になにがくるのか?を考える前に、
まず、自分がどこに向かうのか?を決める。

つまり、志を立てる。

志という漢字、上の士の部分は武士の士ではなく、歩く足の象形「之(ゆく)」の略字だそうで、これに心を合わせて、心の目指す行き先、という意味になるんだとか。

心の目指す行き先、ですからね、
周りが、世間が、社会がどうこうじゃなくて、
自分の心の行き先なわけです。

自分はどこに行きたいのか?

カーナビの目的地をセットするようなもの。

目的地が決まって、現在地がわかっていれば、
ルートは自動で決まる。
途中、寄り道したくなっても、目的地が決まっていれば、
ルートは再検索される。

道路状況が途中で変わっても、
ルートはまた再検索されるわけです。

だから、社会の状況がどう変化しようとも、
行き先を決めておきさえすれば、
きっとそこには辿り着ける。

どれくらい寄り道しても、時間がかかっても。

そういうことなんじゃないかと思います。

志が、目的地がないとしたら?
状況に振り回されるばかりになるか、
そもそもスタートできませんよね?

新たなスタートのために、
まず、志を、目的地を設定しましょう。

志のある人生、いろいろあるかもしれませんが、
それは刺激的で楽しいはず。
僕はそちらを選びます。

-メルマガ

Copyright© ymtsg blog , 2021 All Rights Reserved.