メルマガ

ここ一番で決めるには…

投稿日:

あなたは、プレッシャーのかかる場面で、どれくらい自分の力を発揮できるでしょう?

チクセントミハイのフロー理論なんてのが有名ですよね。

僕は昨日、そのフロー状態にいる人を見たのかもしれません。

そう。

デレク・ジーターです。

ジーターは大活躍でした。
マンガのような試合展開。

昨日はヤンキースのホーム最終戦で、
地元ニューヨークのファンにとっては、
ジーターの見納め。

その試合でヤンキースの先発をまかされたのは、
元広島カープの黒田博樹投手。

黒田は一回表、いきなり先頭打者と二番打者に、
連続ホームランを浴びて二点を背負います。

が、
その裏に、ジーターのタイムリーなどで二点返して同点。

そのまま試合はすすみ、
七回裏にヤンキースは三点取って、
5-2とします。

黒田も好投して八回表まで抑えて、
九回表にクローザーのロバートソンに勝利を託しました。

ところが…

ロバートソンが二本のホームランを浴びて、
試合は5-5の振りだし。

この時点で黒田の12勝目はなくなりました。

で、ですよ。

この九回裏のヤンキースの攻撃。

1アウトで二塁に走者を置いて、ジーターに打席がまわります。
一打サヨナラのチャンス。
この場面で、
やはりジーターは打ちました。
ライト前へのヒット!
二塁走者が帰って、
ヤンキースのサヨナラ勝ち。
なんとも、マンガみたいな展開。
というか、マンガでこんな展開を書いたら、
「できすぎでかえって面白くない」
と言われてもしかたない。
それで、
試合が終わって、ジーターはインタビューでこんなこと言ってました。
「今日の試合のことは、なにも覚えていない…」

トップアスリートってたまにこういうこと言いますよね。

こういうときって、
いわゆるゾーンだとか、フロー状態に入ってたんだと思うんですよ。

この状態のときが、一番高いパフォーマンスが発揮できると言われます。

もっと具体的に言うと、
フロー状態って、緊張とリラックスのちょうどいいバランスのところにいるらしく、
夢中でなにかに取り組んでいて、
身体が勝手に動くとか、
そうなってるらしい。
こんな状態、
実は経験ありますよね?

意図して作り出すこともできると言われてます。

どうやって?

僕も詳しく知りません(笑)

だけど、
間違いなく言えそうなのは、
ここ一番のときとか、
ある程度の緊張が必要だってこと。

いつも通りの、日々のルーティンの中では、
あまり体験しないはず。
緊張する場面がなければ、
パフォーマンスの上がるフロー状態も体験できないんじゃないですかね?
というわけで、
今日はそんなことを意識してみてはいかがでしょう?

いつもと同じようなことでも、
緊張感を高めてみて、パフォーマンスを上げてみる。
なにか工夫できることが、きっとあります。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag
「あなたを知ってもらう」ための
<プロフィール作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!

作成シートではなく、
すぐにでもプロフィール作りたい!
という方は、コチラ↓もどうぞ
http://yamatosuga.com/profile
・・・PR・・・
『人生の9割は逃げていい。』
※立ち読みキャンペーンも開催中!
http://akiraiguchi.com/9wari_campaign/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/09/27
発行者:須賀和

-メルマガ
-, , , ,

Copyright© ymtsg Blog , 2018 All Rights Reserved.