メルマガ

その欲求、どうやって表現するの…?

投稿日:

あなたは、適切な欲求充足をしてるでしょうか?

僕は昨日、
わけあって、ラブリーな姪っ子とその同級生たちを、
小学校から学童保育の施設まで引率する、
という役割を得ていました。

ひと班が6人で、3班がまとまって移動。
僕は最後尾からついていきました。

その道中、
ある男の子が泣きはじめたんですよ…

なにを言っているのか聞いてみると、
「押さないで!!!」
って。

すぐうしろを歩いていた女の子が、
その男の子のランドセルを、
ちょいちょい押してるらしい(笑)

みんな小学校1年生なので、
ちっちゃくて可愛いんですけどね、
トラブってる本人同士、特に男の子は、
大きな声で訴えて、泣いてる。

というわけで、
僕は「はいはい」って男の子を近くに寄せて、
女の子を先に行かせたわけです。

そしたら、男の子は、
僕の手を取ったりジーンズの端を握ったりして、
しばらくくっついて歩いてました。

ラブリーな姪っ子は、
その間、どうしていいかわからずに、
オロオロしていましたが(笑)
で、これ、
振り返ってみて、
どういうことだったんだろう?
と考えてみたんですよ。

男の子のほうは、
おそらくですが、
軽度の知的障害っぽいんです。

ちょっかい出されたくらいで
大騒ぎするくらいですから。

女の子の方はというと、
そんなちょっと異質な彼に、
興味を持っているんじゃないか?と。

でも、
どうやって接したらいいのかわからないから、
とりあえずちょっかい出してみる。

そんな感じ。
6歳ですから、
恋愛感情だとか、そういったものではないとしても、
相手に対してなにかしたい、
自分の存在をアピールしたい、
そういう欲求があって、
それを満たすために、
ひとつの表現のしかたとして、
「ちょっかい」という行動がある。

ですよね?
行きすぎたイジメだったら、
なにか別の対策をするでしょうが、
このレベルなら、
「自分のしてほしくないことはしないよ!」
ってくらいですかね?

ま、トラブってるときには、
僕は女の子に対して、
「前を歩きなさい」
しか言えなかったけど…

もしかしたら、
女の子のほうでは、
この男の子に対して、
なにかを「してあげたかった」のかも
しれないんですよね。

でも、
どうしていいかわからなかっただけで。
もちろん、
ここまでの多くの部分は、
僕の推測によるところも大きいわけですが。
ただし、です。
大人になっても、同じことが起きます。
相手に対してなにかをしてあげたい!
と思ったときに、
自分なりに考えて選択した行動が、
<ひとりよがり>
になる可能性は大きいです。

特に、
サプライズが好きな人は、
この傾向があるかもしれない。

「こんなことをしたら、
相手は喜ぶはずだ!」
と思って、実行する。

でも、
相手はそういう演出を望んでいない、
むしろ予定にないことが起きるのはキライ、
そういうケースもあるわけです。
結論としては、
いつもどおりのことなんですけど、
相手がなにを求めているのか?
そこからスタートする必要がある、
ということですね。

あなたがしてあげたいことは、
結局は、あなたのエゴ。

相手にしてほしいことを聞いて、
それを提供すれば、
相手は喜んでくれる。

サプライズが好きなタイプだとわかっているなら、
してあげればいい。

そういうタイプでないなら、
やらない。

相手に合わせる。

それだけのことですね。


※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、
ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどで
シェアしてください! お願いします!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag
あなたの魅力を引きだして
ライバルと圧倒的な差別化をはかる
<プロフィール作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2015/04/22
発行者:須賀和

-メルマガ
-, , ,

Copyright© ymtsg Blog , 2018 All Rights Reserved.