メルマガ

自己愛は本当に必要か?

投稿日:

あなたは、自分自身を愛しているでしょうか?

そもそも、
自分自身を愛するって、どういう意味でしょう?
それによって、どんないいことがあるのでしょう?

逆にそれがなければ、
どんな不都合があるでしょう?

自己愛に似た言葉で、
自己重要感や、自己肯定感、自分を好きになる、
自信を持つ、自分を認める、受け入れる、
というのとは、なにが違うのでしょう?

僕は昨日、
とある学会から送っていただいているニュースレターの、
最初のページにある文章を読んで、ハッとしたんです。

そこには、こんなふうに書かれていました。

「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」
と、聖書は教えているが、
「自分を愛せよ」「自分を好きになれ」
とは教えていない。

要は、
自己愛って、大して重要じゃない、
ってことですよ。

別に僕はクリスチャンではありませんが、
2000年くらいは読み継がれているであろう、
人類史上最高のベストセラーである「聖書」には、
自己愛が大事!とは書いてないんですね。

いちいち言わなくても、自分のことくらい愛してるだろ、
という前提に立っているんじゃないか?
って解釈もできるようではありますが。

それを踏まえても、
意識してようとしていまいと、
人は自分を愛していることになっているわけです。

聖書では、
「隣人を愛せよ」
が推奨ってことで、
いちいち自分を愛せよなんて言わない。

これって、
解釈の仕方によっては、
「自分のことばっかり考えてんじゃないよ!」
という意味なのかもしれません。

自分が好きになれないとか、愛せないとか、
そんなことはどうでもよくて、
それよりもむしろ、
隣人、目の前にいる人を愛して、
喜んでもらい、感謝して、感謝されるような、
そういうことをしたほうがいいよ、と、
そういうことなんですかね?

自分が、自分が、と、自分のことにフォーカスする
ばかりで、周りの人に目が、気が、心がいかなくなる、
そのことから目を逸らさせて、
周りの人に意識を向けさせるための、
そういう意図があるのかもしれないですよね?

マーケティングでも、
自分が売りたい商品でなく、
見込み客が欲しい商品を売れ!
と言われます。

ということは、
自分のリソースにフォカスして、
自分になにができるかを考えるより、
見込み客になりえる人の話を聞いて、
その解決したい悩みや問題の中から、
自分にできることを提供していけばいい、
と考えることもできます。

正直な話、僕もそうなんですが、
悩んだり不安を感じるときには、
たいていが自分にフォーカスしています。

このフォーカスを外側に向けること。

そうすると、
突破口、ブレイクスルーが見えるような、
そんな気がします。

自分を大切にすることは大事かと思いますが、
自己愛や自分を好きになる、なんてのは、
意識や認識、使い方も合わせて考えたいもの。

そんな気がします。

いかがでしょう?


※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、
ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどで
シェアしてください! お願いします!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag
あなたの魅力を引きだして
ライバルと圧倒的な差別化をはかる
< #プロフィール 作成シート>が、
無料でもらえます!
※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2015/11/10
発行者:
あなたのビジネスが、必要とされる方へもっと簡単に、
確実にお届けできるような具体的な設計図を一緒に考え、
一歩一歩、着実に実行していく
「成長をあと押しするパートナー」
#ビジネスプロデューサー 須賀和

-メルマガ
-, , ,

Copyright© ymtsg blog , 2018 All Rights Reserved.