メルマガ

収入を増やさないの?

投稿日:

 
須賀です。

基本的に、毎日カフェで仕事してます。
(ガラガラのお店だけを選んでいます)

行くカフェによって、客層が変わり、
聞こえてくる会話も違います。

僕がよく通っているカフェの中心は
おばさま世代の二人組とかが多い印象。

あとは子連れの女性同士みたいな
組み合わせもけっこういる。

時間帯によっては、若い女性同士の
組み合わせもあります。

僕みたいに、ひとりでパソコン開いて
なにかしてるノマドワーカーもちょこちょこ。

で、こないだ隣に座った二人組、どうやら
結婚したばかりの女性のようで、お互いの
家計の話をしていました。

いまは共働きだからそれなりに家計収入が
あるけど、子どもができたら半分とは
言わないまでも急激に収入が減る。

だから、可能な限り「貯金」している、
とのこと。

ま、当然と言えば当然の話に聞こえます。

だけど、ホントにそう?

子どもができたら収入がなくなる、って、
完全な思い込みですよね?

出産したらしばらくは子どもにばかり
手がかかるのでしょうけど、それまでに
準備して別の収入を確保することだって
できるはずでしょ?

実際にやっている人がいるのだから、
不可能ということはないのです。

FXでもいいし、輸入転売でもいいし、
輸出でもいいし、講師ビジネスでも、
オンラインでのコンサルでもいいし。

ある程度、手が離せるようになって、
保育園で預かってもらえるようになれば
パートに出られる、とは思うのでしょうか?

在宅の秘書サービスとかもあるので、
選択肢は広がっているとは思います。

が、AIの進歩も着実に進んでいます。

要は、簡単にできる仕事はどんどんと
機械化されていくわけで、まずは女性が
中心的に担っている仕事は減っていく。

どうしても、その人オリジナルの、
「個人」が求められるビジネスを
しないと収入にならなくなる。

男性も同様に厳しいのですが、
妊娠、出産というイベントのある
女性のほうが、ブランクがあるという
意味ではもっと不利です。

言ってみれば、なにか「手に職」を
つける意識があったほうがいいと思います。

あなたらしい感性が活かされて、
誰かに必要とされるなにか。

そんなのある?と思うかもしれません。

ない人っていないと思います。

探求すれば、必ず見つかります。

探求の方法が知りたい?
いつか書きます。

では、また。

 

-メルマガ

Copyright© ymtsg blog , 2018 All Rights Reserved.