フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】エネルギーの源はどこに?

   

《 Mail from Yamato Suga 》

須賀です。

あなたが普段、エネルギーを高めるためにやっていることって、どんなことでしょうか?

僕は昨日のメルマガにも書いたように、七福神めぐりをしてきました。
2年ぶりなんですけど、けっこう疲れた…。

スタートしたのが10時で、終わったのが15時。
この間で7カ所のお寺さんをまわったわけです。

移動は基本的に徒歩。
ただ、次のお寺さんへの距離が長いポイントでは、バスや電車も使いましたよ。
それでも、5時間のうち、3時間は歩いていたはず。
1万7000歩くらい歩いたらしい。

3時間歩いただけなのに「けっこう疲れた」と感じてしまうのは、
完全に体力不足ですよね。
これはマズイかもしれない。

考えてみると、中学時代は毎日のように部活で柔道を1時間半とか2時間とかやっていて、その日に体育があれば3時間近く、そこそこハードに身体を動かしていたはず。 高校時代も一応は水泳部だったので、ちょっとは運動していた。

高校3年になってすぐに部活を辞めたので、それ以降は体育の時間しか運動しなくなって、高校を卒業したら、スポーツ、運動はまったくやらなくなっています。 もう15年くらい。

集中的に運動するのは、臨海学校のお手伝いに行ったときくらい。
そのときでも、ゆったり泳いでるし、午前と午後で合計4時間くらいのもの。

こう書いてみて、あらためて思います。
運動してないな、と。

と、同時に思うのは、普段からエネルギーが高い人ほど、運動する習慣を持っていますよね。
僕の身の回りでもそうですよ。

その一番の典型が、井口晃さん。
去年は年間153回もセミナーしたそうですが、人前に立っているときはいつも、高いエネルギーを保っています。
(4日間の合宿セミナー、サクセスデスティニーは全部ひとりでやってるし。恐るべし)

井口さんの場合は、運動する習慣はもちろん、栄養にもかなり気をつかっています。

じゃあ、なんで井口さんはそんなにエネルギーを高くしておきたいのか?と考えると、
答えはけっこうシンプルです。

エネルギーが高いほうが、メッセージが伝わりやすいから

パワフルでエネルギッシュな人に、人はより魅力を感じるはずですよね。

エネルギーが高いほうが、より多くの人に良い影響を与えられるんだとしたら、
高めておいたほうがいいに決まってますよね?

もっと単純に言えば、エネルギーが高いほうが、ビジネスの売上も大きい。
自分自身の生産性も上がるわけだし。

いろんなセミナーなんかで、よく言われます。
「まず健康が大事だよ」
って。

これ、もっと正確に言うと、
「まずはエネルギーが大事だよ」
ってことだと思います。

じゃあ、そのエネルギーの源はどこにあるのか?
井口さんいわく、
睡眠・栄養・運動
の順に大事、とのこと。

栄養に気を配っている人は多くても、睡眠と運動はあまり、という人は多いでしょう。
僕はこの一年強、井口さんを見ていて、睡眠と栄養の重要にも気づかされました。

さて、ここから宣伝ですが、その井口さんが、エネルギーの秘密を公開するそうです。
しかも、井口さんのエネルギー関連の師匠と一緒にセミナーをやるとのこと。

以下は、その紹介文です。

気になったあなたは、この先も読み進めて見てください。

・・・・・

<< 日本の医療システムに緊急提言 >>

今日はあなたに興味深い2人を紹介します。

1人は医師であるジョーンズ博士、
もう1人は井口晃という人物です。

ジョーンズ博士は世界で最も権威がある、
アメリカの自然治癒力の博士号を取得し、
サウジアラビアの王族の専属医など
されながら多くの人の命を救っています。

そんな彼が、日本の医療システムに対して
「緊急提言」があるとのことです。

それは、今の日本の医療システムは
「病気と加齢」が加速するシステムであり、
非常に危険な状態にあるとのことなのです。

もちろん、医学を否定するつもりは
ないのですが、やはり自分の身は自分で
守らなければいけないと思います。

そして、「病気にならない」というレベル
でなく、「人生の時計の針」を巻き戻して、

健康・エネルギー・生産性をも
最大化し「理想」の身体を手に入れる方法を
具体的に伝授してくれるそうです。

「え?英語で言われても分からないし…」と
思われるかもしれませんが、ご安心下さい。

全て日本語で解説が付きますし、
その解説をしている男が「井口晃」という、
ジョーンズ博士の教えを忠実に実行してから
圧倒的な成果を残した人物です。

その、ほんの一部を紹介すると、

 - メルマガ