フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】交渉する

   

須賀です。

あなたは、交渉できる場面で、どんな対応をしているでしょう?

もしかしたら、交渉の余地があるのに、相手の言いなりになっていたりしませんか?
特に、関西以外の人は、価格交渉が苦手なんじゃないでしょうか?

僕は埼玉生まれ埼玉育ちですが、まあまあ価格交渉が好きなほうなんです。

もちろん、子供のころからそんな習慣があったわけではありません。
身についたのは、海外一人旅のときですね。
2002年にキューバを3週間旅した(といってもずっとハバナにいた)のと、
その翌年にイタリア、ポルトガル、スペインを1カ月ぐらい旅したので。

タクシーと宿泊が交渉のポイント。
タクシーの場合は、
「◯◯まで行きたいんだけどいくら?」
と聞いて、例えば
「10ドルだよ」
と言われたら、
「7ドルでお願〜い」
とか言ってみる。
そうすると、「OK」と言ってくれることもあるし、
「8ならいいよ」とか言われたりする。

宿泊も同じ要領。
一泊25ドルと言われたら、
「二泊するから40ドルにして」
とか言ってみる。
小さなところだと、けっこうOKしてくれたりします。
貸せるはずの部屋が空いてるよりはいいわけですからね。

ちなみに、事前の予約じゃなくて飛び込みでその日の夜の寝床を探している状態ですが。

ま、ちょっとお願いするだけで、経費を浮かすことができる。

日本でもたまにやります。
セミナー会場を探しているときとか、懇親会の費用を決めるときとか。
「次回も使わせていただきたいので、この金額でお願いできませんか?」
とか、
「懇親会もこちらでお願いするので、会場費はこの金額でどうですか?」
って感じですね。

それでも交渉する機会なんて、日本にいたらなかなかないかもしれません。
できるチャンスがそもそもあまりないでしょう。

で、なにが言いたいのかというと、
価格にかぎらず、交渉ができるような場面に遭遇しても、
交渉するっていう発想そのものがないんじゃないか?
っとことなんですよ。

相手から「こういうもんです」と言われたら、なにも考えず、単純に素直にしたがう。

「そこをなんとか、こうしてほしい」ってことを言おうとしてなさすぎませんか?

なにも、クレーム言ったもん勝ち、ゴネたほうが得、ではありません。
こういうのは美しくない。

あなたが思っている以上に、
「言ってみたら、お願いしてみたらやってくれた」
ってことはあるもんです。

もしなにかチャンスがあったら、お願いしてみてください。
ただ、お願いのしかたに人間性が出ますので、ご注意を。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://ow.ly/t3Dsb

・・・PR・・・

驚異的な成功事例が公開されてるようです。

・Sさん60万円
・Kさん68万円
・SZさん240万円
・Sさん288万円
・Iさん28.5万円・・・

これ、始めて何ヶ月目の成果だと
あなたは思われるでしょうか?

1年?半年?いえ、わずか「3ヶ月」です。

しかも、学び初めてから3ヶ月で
150名以上の方がこの実績を出されました。

このような成功事例を見ると、
「◯◯さんは私と違い、特別だからね…。」
と、つい思ってしまうかもしれませんね。

しかし、あなたに信じてもらえる為には、
「あなたが」稼ぐことが最も早いですね。

そこで、「ゼロから4週間で、月10万円の
稼げるプロコーチになれる方法」
を完全無料で教えてくれます。

興味本位でも構いませんので、
取り敢えず見ておくことをお勧めします。
http://pmcpromote.com/item/52631/3516/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/01/30
発行者:須賀和

バックナンバーなどはコチラから
http://yamatosuga.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/ChangeAuto?e=bY%3DCWQSOoZc74F2oHZIIOg11

購読停止は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/Cancel?e=bY%3DCWQSOoZc74F2oHZIIOg11
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 - メルマガ , ,