フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】モテる秘訣

   

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Mail from Yamato Suga
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

須賀です。

あなたは、モテる秘訣があるとしたら、知りたいですか?

実は僕、その秘訣を知ってるんですよ。
秘訣を教えるセミナーを開催して、お金を稼げるレベルだと自信があります。
(やりませんけどね…)

ただ、これを読んでいる男性諸氏にあらかじめ伝えておきますが、モテるのとヤレるのは別です。
僕が知ってるのはモテる秘訣であって、ヤレる秘訣じゃありません。
ヤレる秘訣を知りたければ、ネットでそんなセミナーを探して、高いお金を払って参加して、勝手に騙されてください(笑)。

僕の知っているモテる秘訣は、同性、異性に関わらず、また、年齢に関係なく通用します。
これがなにを意味するか?

カンのいいあなたは気づいたはずです。
そう。
これは恋愛だけの話ではないのです。
ビジネスでも、仕事でも、友人でも、親子でも、どんな人間関係でも通用する、普遍的なものです。

なので、キライな人に近づかれたくないと思ったら、この反対の方法を実践すればOKです。

もったいつけずに公開しましょう!

モテる秘訣は、次の3ステップです。
1.相手の話を聞く
2.相手に共感する
3.相手の求めているものを与える

簡単でしょ?

ちなみにですが、僕はこの中に「相手を褒める」という項目は絶対に入れません。
僕は人を褒めないのです。
僕と会話をしたことがある方なら気づくと思いますが、僕は、普通の人なら褒めるであろうところで、「そうなんだぁ、良かったね」とか言っています。

褒める能力がない、というだけでなく、褒めないと決めている部分もあるのです。
これにはちゃんと理由があります。
人は褒められると、「もっと褒められたい!」と考えるようになります。
これはですね、外発的な動機づけなんですよ。
「褒められる」というご褒美をもらうためにやる、という動機になっちゃう。

内発的な動機づけで行動することにつながらないんですね。
褒められないんだったらやらない、という考え方につながる危険性がある。
これが続くと、社会に出たときに問題が起きます。
社会では、褒められないのが普通。 できて当たり前ですからね。
「こんなにがんばっているのに評価されない…」とか言いながらうつになる選択をしたりする、厄介な人間を作ることになる。

褒めることの副作用もあるんです。

さて、モテる秘訣の3ステップに戻ります。

1.相手の話を聞く
 相手がどんな人なのかを知ってあげてください。
 なにが好きで、なにがキライで、いまどんな状況で、これからどうなっていきたいのか
 とか、そんな話を。
 この時点では、それに対してのあなたの意見は、相手はいっさい求めていないと思ってください。
2.相手に共感する
 「そうなんですねぇ」って感じ。
 自分も似たようなケースがありましたけど、それは大変ですよねぇとか、
 僕も、私もそう思います、感じます、考えます、ですね。
 ただ、共感できないところは無理せず、「どうしてそう感じる?」とか聞きます。
 共感ポイントを探ります。
 絶対にしてはいけないのが、「否定」です。
3.相手の求めているものを与える
 そうこうしながら、相手がどうしたいのか?どうしてほしいと思っているのか?
 それに合った解決策を提示してあげます。
 ただし、女性の場合は、解決策を求めているとはかぎりません。
 共感してほしいだけの場合があるので、余計なアドバイスとかはしない。
 男性の場合は、具体的なアドバイスを、受け取りやすい形で渡す。

これらのこと、書かれてあることを読んだだけなら、簡単だと思いますよね?
実際にはなかなか実践できません。

その理由もまた簡単です。

相手の話を聞いているうちに、「相手はこうすべきだ、こうしたほうがいい」という考えが浮かんできて、相手の話をさえぎって、相手を否定し、「こうしなきゃダメよ!」とか言っちゃうわけですね。

身に覚えがありますよね?
僕もあります。

もし、あなたが重要だと思っている人間関係の中で、この秘訣が実行されていなかったとしたら、極端な話ですが、人間関係の危機です。

その人との人間関係を終わらせたいのなら、この逆をいくのが効果的です。
話をする機会を避け、とことん相手を否定し、相手の求めているものの逆をいけば、人間関係を終わりにできます。
それも、場合によっては必要です。

相手と良い関係をつづけたいと思ったら、3つの秘訣を意識して実行してみてください。

ただし、絶対に「相手の言いなり」「都合のいい人」にはならないでください。
あなたが下手に出る必要は、1ミリもありません。
たとえ相手がどんな立場の人物であろうとも。

バックナンバーなどはコチラから
http://ymtsg.wordpress.com/

メルマガの登録・解除はコチラから
http://emfrm.net/DrP/fr/YS01/jVSCoh
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 - メルマガ ,