メルマガ

コンプレックス、見抜かれてますよ

投稿日:

あなたがコンプレックスだと感じていること、なんでしょう?

もしかして、それ、隠そうとしていませんか?

隠そうとしているコンプレックスって、
見る人から見たら、あっさり見抜かれているもんです。
コンプレックス、つまりは劣等感を持っていること。
知られたくない自分の弱み。

それを人は隠そうとします。
周りの人から見えないようにしようと努力している。

思春期の女子が、おでこにできたニキビを隠そうとして、
前髪をおろしているようなものです。

中年の男子が、うすくなってきた頭頂部を隠そうとして、
髪型に最大限のアレンジをするようなものです。
ま、こういった表面的な、身体に関するコンプレックスは
いいとして、
ポイントは精神的なコンプレックスというか、
あなたが無意識に持っている弱さの部分。
この弱さを隠すために、
あなたは必死に努力しているはず。
意識的にも、無意識的にも。
ちなみに、
僕には、学歴コンプレックスがあります。

大学に行っていないんです。
世の中には、中卒、高卒でもコンプレックスにならない、
という方も多くいます。

僕の場合は、
通っていた高校がそこそこの進学校だったので、
80%くらいの卒業生は、浪人して一流大学に進学する
わけです。
残りの約20%は現役で一流大学に進学してる。

そんな環境なので、
大学にいかなかった(合格できなかった)ことは、
失格の烙印を押されたような感覚がある。

で、
思ったのは、
「10年後に見返したい!」
ってことだったんです。

いまでは、

同級生は医師、弁護士はもちろん、誰もが知る企業に
勤めていたり、官僚もいれば、議員もいるかも?

ところが、
見返せるようななにかを、いまもまだ実現していない。

この感覚がずっとある。

だから、
同級生とは違う世界のことを学んで、
少し違った方向の成長を追い求めていって、
異質な存在として認められたい、というような、
そのためのエネルギーがあるように思います。
あなたにも、
どこか、そういう感覚があるかもしれません。
コンプレックスという言葉を最初に使ったので、
ネガティブなイメージを持ったかもしれません。

でも、
それがプラスに作用している部分もあります。

コンプレックスによって「強み」が培われることだって、
あるんです。
ちなみにストレングスファインダーでわかる、
僕の強みはこの5つ

最上志向
慎重さ
個別化
責任感
親密性
自分の弱みを知り、受け入れて、
強みを発見し、意識して行動していく。
そこから、あなたの
新しい進化、成長がはじまる。

そう思います。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag
「あなたを知ってもらう」ための
<プロフィール作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!

作成シートではなく、
すぐにでもプロフィール作りたい!
という方は、コチラ↓もどうぞ
http://yamatosuga.com/profile

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/10/28
発行者:須賀和

-メルマガ
-, ,

Copyright© ymtsg blog , 2018 All Rights Reserved.