メルマガ

「売る人」こそが最強

投稿日:

あなたは、なにを「売る人」でしょうか?

どんな商品やサービスを提供して、
お客さんに価値を届けているのでしょうか?

その商品やサービスを提供することで、
一番儲かっているのは、
いったい誰でしょうか?
多くの人が勘違いしているかもしれないことなのですが、
ひとつの商品やサービスを販売するときに、
一番儲かるのは、
このコンテンツホルダーではありません。
流通業者でもありません。

儲かるのは、
実際に販売をしている人です。
わかりやすいのは、
本ですね。

本の場合、コンテンツを持っているのは、
著者です。
本に書く内容=コンテンツは、著者の頭の中にありますよね?

だけど、
本の著者が受け取るお金って、
本の代金の10%以下です。

たとえば、
一冊1000円の本を作るとして、5000部を作成するとします。

このときに、
表紙や中身のデザインにかかるお金って、35万円くらい。
印刷と製本にかかるお金は、安くて150万円くらいかな。
なので、「原価」は200万円くらい。
原価率40%ってことですね。
ただし、デザイン料は人によってピンキリですし、
印刷と製本も、本の形や紙の種類によって大きく変わりますよ。

で、
出版社で出してもらおうと思えば、
編集者さんの編集費、
流通にかかるいろんなコスト、
(ちゃんと全国の書店に流通するかどうかも謎ですが…)
宣伝広告費、
などなど、
いろんなお金がかかります。

結果的に、
時間とエネルギーをもっとも費やしたはずの、
著者は、@1000円×5000部×10%で、
50万円が取り分ってことになります。
計算してみるとわかりますが、
本の代金の50%は、出版社に入っていますね。
もちろん、
すべての本で代金の50%を出版社が受け取っているとは、
言い切れません。

5000部の想定で全部が売れるとは限らないし、
50%の取り分の中からいろんな経費が発生していますので。
そのすべてが利益ではない。
ここで考えてほしいのは、
本の内容となるコンテンツを提供する、
著者の印税=取り分は、10%ってこと。

その程度なんですよ。

その他の多くは、
「売る人」として、デザインや印刷、製本、流通に乗せる
役割を果たす、出版社が一括して引き受けて、
おそらくは一番多くの利益も受け取ります。

だけど、ですよ。

本が売れなかったときのリスクを負っているのは、
出版社ですよね?
つまり、
売るためのリスクを負っている人が、
一番多くの利益を受け取る構造です。
これ、
けっこう重要です。
ここまでの流れだと、
著者でなく、出版社が多くの利益を持っていって、
そんなのズルい!
と思ってしまったかもしれません。
それもひとつの見方ですが、
僕が今日言いたいのは、
そういうことじゃないです。
タイトルの通り、
「売る人」が最強
ってこと。
どんなにいいコンテンツを持っていようとも、
それを売るスキルがなかったら、
多くの人に届けることができません。

重要なのは、
コンテンツという価値を、
必要としている、求めている人に
届けることです。

それをやってくれる人が、
ビジネスでは強いのです。
しかも、もっと言えば、
良いコンテンツを提供することではなく、
求められているコンテンツを提供すること。

お客さんから求められているコンテンツを、
商品やサービスとして提供できる人は、
当然のように儲かります。
なので、
あなたが、あなた自身のコンテンツを多くの人に
提供して売上を上げて、利益を大きくしたいと思うのなら、
「売る人」になる必要があります。
「売る人」になる、というのはつまり、
広告、販売戦略のプロモーションってやつを、
理解して、実行することです。
しかも、
最先端のプロモーション手法と言われている、
プロダクトローンチ
を取り入れることが近道です。
というわけで、
あなたが稼ぎたい、儲けたいと思うなら、
プロダクトローンチを取り入れてください。

最強の「売る人」になる方法は、
コチラ↓で明らかになっています。
http://kantan-marketing.net/item/37289/5511/

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、
ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどで
シェアしてください! お願いします!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag
「あなたを知ってもらう」ための
<プロフィール作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!

作成シートではなく、
すぐにでもプロフィール作りたい!
という方は、コチラ↓もどうぞ
http://yamatosuga.com/profile

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2015/01/13
発行者:須賀和

-メルマガ
-, , , ,

Copyright© ymtsg blog , 2018 All Rights Reserved.