フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

今日の今日!?、ならOK!

   

あなたは、急にスケジュールが空くこと、ありますよね?

自分自身の身には起こること、
人の身には起こらないと、思い込んでいませんか?

このところ、ずーっと紹介リンクを貼り続けていて、
周りの方にもご紹介をお願いしている、
この説明会↓
http://kantan-marketing.net/item/37289/5717/

今日と24日、13時からと18時からのダブルヘッダーで
開催しています。

コーチやコンサルタントなど、個人で起業されている方には、
一度は試していただきたいものです。

で、
こういったセミナーや説明会などの集客について、
多くの人は、
前日、当日に近づくにつれて、
「もう参加者は増えない」
と考えがちです。

ところが、
実際にはそんなことはありません。

前述の説明会に関連しての話だと、
「前々から申し込みはしていなかったけど、
 行きたいとは思っていて、前の日の深夜に申し込みをして、
 当日は仮病を使って会社を早退して来ました!」
という方もおられました。

また、
説明会当日の朝に紹介のメールを見て、
「直感的に行きたい!と思って、すぐに申し込みをして、
 セミナーの開始時間までに仕事をなんとか終わらせて、
 どうにかこうにか間に合いました!」
って方もおられます。

前日までの人数とか、
あんまり関係ないんですよね。

もちろん、
逆もありますよ。

申し込みしていたのに、
当日になって急用が入って参加できなくなった、
というケースもある。

さらに、
この逆もあるわけです。

予定が入っていたけど、
先方の都合でキャンセルになったので、
急遽行けることになったんだけど、
参加していいですか?
ってこと。

あるんですよ。

なんというか、
月並みな言い方をすれば、
「最後まであきらめるな!」
ってことになるんですけど、
もっとシンプルな話で、
相手のタイミングに合わせてあげる、
その柔軟性を持つ。
って感覚だと思うんですね。

だから、
思いの外、参加人数が少ないからキャンセル
とかいうのは、僕の中では基本的にナシ。

参加者の人数が少ないってことは、
ホントは参加者にとって、
すごくラッキーな状況なんですよ。

だって、
いつもならじっくりと質問できたりとか、
フィードバックをもらえないような、
そんな相手をつかまえて、
好き放題できるわけですから。

普段なら
「コンサル料は1時間10万円、20万円」
とかの人に、
質問したい放題の可能性がある。

セミナーの参加人数が多ければ、
それは難しいかもしれないけど、
もし少ないとしたら、
ラッキーな状況が得られます。

なんか、
セミナーの提供者側と参加者側の話が
行き来しましたが、
とにかく、
直前でどういう状況であっても、
あきらめずにいることです。

チャンスはあります。

というわけで、
今日のメルマガでなにか感じたら、
以下のリンクを確認して、渋谷へお越しください!
(僕も同じビルの中にいます)
http://kantan-marketing.net/item/37289/5717/

====================
限定50名、募集説明会まで残りわずか!
《無制限サポート》が大好評の集客講座
・世界最先端の集客法を入手できます…
・売上は上がるのに、広告費は最小限です…
・稼げるまでずっとサポートしつづけます…
・一緒に応援しあう仲間の存在があります…
・クライアントを確実に成果に導きます…

コーチ、コンサルタントなど個人起業家に
必須の知識、スキル、マインドセット
すべてを4か月で手に入れるだけでなく、
結果を出すまで徹底的にサポートする講座
【荻窪式スマートプロモーションメソッド】
http://kantan-marketing.net/item/37289/5717/
====================

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、
ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどで
シェアしてください! お願いします!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag
あなたの魅力を引きだして
ライバルと圧倒的な差別化をはかる
<プロフィール作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2015/02/21
発行者:須賀和

 - メルマガ , , , ,