不確実な未来に、必要かもしれない知恵を共有しようかな。

ymtsg Blog

メルマガ

アソコまでヤッていいのか…?

投稿日:

あなたが与えるのを躊躇してしまうときって、
どんなときでしょう?

これはさすがにあげすぎかな?
って思うこと、たまにありますよね?

でも、
インターネットでビジネスをしていると、
よく言われることがあります。

限界を超えて提供しろ!

みたいな感じ。
ただ、
そうは言っても、
なにを、どこまで提供したらいいのか?
普通は悩むはずです。
そこで、
参考になるかならないか?
わかりませんが、ひとつの例を。

数日前に、
悪い先輩に連れられて、
赤坂のとあるクラブに行ったんですよ。

ここで言うクラブは、
ノリノリで踊るディスコの後継ではなく、
ママがいてソファーでお酒を飲ませてくれる、
そういうたぐいのやつ。

女性の年齢が若ければ、
そこをキャバクラと呼ぶでしょう。

で、
訪れたクラブはですね、
それはそれは下品なのです。
下ネタが全開。
けっして文字にできないような、
うっかり文字にしてしまったら、
即刻迷惑メールボックスに入れられて、
二度と読んでもらえなくなるような、
そんなレベル…

ここのママ、
会話の内容はとにかく下品。
盛りのついた男子高校生よりもさらに、
3割増しくらい。

どんな話題であっても、
職人芸のように、見事なまでに、
下ネタに結びつけてくださいます。

43歳だそうですが、
23くらいにしか見えません。
おそらく、
この場所に2時間くらいいたと思います。
個人的には、
すごく楽しかったんですよ。

同時に、
スゴイ!と思いました。
感動的な感覚もあったわけです。
というのもですね、
人はどうしても、
非道徳なジャンルについては、
なかなか「振りきれない」もの。

そこを、
しっかりと振りきっている方と接してみると、
楽しく、気持ちよく、爽快で、
「ここまでヤリきるのはスゴイ…」
って、
感動して尊敬します。
下ネタで振りきるって、そうそう簡単じゃないですよ。

ただ脱げばいいとか、
下品になればいいとか、
そういうことじゃなくて、
ひとつのエンターテイメントとして、
笑える、楽しめるものにしないといけないので。
下品ならいいわけじゃないし、
風俗的なサービスをすればいいってことでもない。

なんというか、
すごくいいバランスなんです。

風俗的な、刺激する下ネタではなく、
笑えるエンタメ系の下ネタ。

見て、感じたのは、「職人芸」でした。
というわけで、
今日の結論。
ひとつは、
どこまで提供できるのか?
を考えること。

「ここまではOKだけど、
これ以上はちょっと…」
と思っているなら、
なぜそう思うのか?

その思い込みを外して、
もっといけるとしたら、
どこまで提供できるか?

さらに、
いま持っているものを全部提供する
としたら、
その先にはなにが提供できるか?
もうひとつは、
相手がなにを欲しがっているのか?
を、もう一度考えてみること。

お客さんが欲しいと思っているかどうか?
よくわかっていないままで、
提供しようとして売れないケースって、
よくあります。

そういう、もったいないケースはなしにしましょう。
とりあえず、
想定しているお客さん、見込み客が求めているもの、
それに対して、
限界を超えて提供できる価値って、
どういったものか?

考えてみてはいかがでしょう?

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、
ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどで
シェアしてください! お願いします!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag
あなたの魅力を引きだして
ライバルと圧倒的な差別化をはかる
< #プロフィール 作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2015/07/03
発行者:
あなたのビジネスに最適な #プロモーション 戦略を
全体的な視点から考案し、一歩一歩、着実に実行
していくことで次のステージへの進化を支援する
#ビジネスプロデューサー 須賀和

-メルマガ
-, , ,

Copyright© ymtsg Blog , 2018 All Rights Reserved.