フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】内向的でOK

   

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Mail from Yamato Suga
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

須賀です。

あなたは内向的でしょうか?外向的でしょうか?

おそらく、こう聞かれたら、どちらかを答えると思います。
「両方の側面がある」
という人はなかなかいない。

中には、
「内向的だったのを、努力して克服し、外向的(社交的)になった」
という人もいるでしょう。

多くの人は、外向的な人のほうがより社会に適合していて、
内向的な人はなかなか社会に溶け込めない、いわゆる「コミュ障」だと思い込んでいる。
(コミュ障=コミュニケーションがうまく取れない人、みたいな意味)

そういう風潮は感じますよね。
幼稚園や保育園でも、「みんなと仲良く」って教えてるはず。

なにを隠そう、その基準で考えると、僕も立派な「コミュ障」です。
バリバリの内向的。 パーティーだとかBBQとか大嫌い。
「みんなで楽しもうぜ!」みたいなのは求めていない。
「みんながいるんだったら、僕がいる必要はないでしょ?」と思う。

代わりに、特定の人とじっくり話をしたりとかするのは好き。
少人数がいいんです。
(ストレングス・ファインダーで言うところの「親密性」です)

そういうこともあってか、
「須賀ちゃんはコミュニケーション能力に問題があるよな〜」
とか言われることもあります。

ただ、いつも疑問に思うのは、僕の基準で見ると、言ってるその人のコミュニケーション能力が高いとも思えない。
つきあう相手と長続きしなかったり、敵が多かったり。
それでも、相手に自分を売り込む「セールス能力」があるから、ビジネスでは結果が出ていたりする。

で、この辺の違和感がずっとあったわけですが、昨日、TEDのあるプレゼンを見て、
「なるほどなぁ〜」
と感銘を受けたのです。

そのプレゼンがこちら↓
http://www.ted.com/talks/lang/ja/susan_cain_the_power_of_introverts.html (視聴環境によって、日本語字幕がついている場合とついていない場合があります)

この話、内向的な人にとってはスゴく共感できる内容だと思うんですよ。

僕が思うに、内向的な人にとっては、まず、自分の世界ってのが大事なのでしょう。

世界の中には、まず自分がいて、その周りにいろんな人がいる。
たくさんの人の中に自分がいるのではない。

もちろん、自分の世界にいるだけではどうにもならない。

でも、自分の考えだした新しい世界をシェアして、共感を得られたなら、そこに強いリーダーシップが生まれるわけです。
プレゼンの中でも、ガンジーの例が取り上げられています。
いろんな雑誌なんかで、「経営者は孤独だ」なんて言葉を見たりするのも、トップは案外内向的だからってこともあるでしょうね。

外向的な人の役目は、いいアイデアを広げて、いろんな人につなげていくことかもしれない。

いろんなパターンがあるとは思いますが。
いろんなパターンがあっていいのですよ。

もしあなたが内向的だとしても、内向的のままでいいのです。
それはそれでOK。

ただ、素晴らしいアイデアだと思うなら、発信したほうがいい。
身近にいる外向的な人の力を借りて。

ま、とりあえず、今日はこのプレゼンを見てみてください。
http://www.ted.com/talks/lang/ja/susan_cain_the_power_of_introverts.html

内向的な人も、外向的な人も、
「あ〜」
ってなると思いますよ。

自己啓発のくだりなんて、「たしかに!!!」ってなりますよ。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

バックナンバーなどはコチラから
http://ymtsg.wordpress.com/

メルマガの登録・解除はコチラから
http://emfrm.net/DrP/fr/YS01/jVSCoh
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 - Uncategorized