フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】幸せの定義

   

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Mail from Yamato Suga
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

須賀です。

あなたはいま、なぜ幸せだと感じているのでしょうか?
もしくは、
あなたはいま、なぜ不幸だと感じているのでしょうか?

いま現在の与えられた環境に感謝し、幸せだと感じるように自分を仕向けることが、さらなる幸せを引き寄せてくれる、と信じている人もいるかもしれません。

アンソニー・ロビンズに傾倒している人は、
「ルールが多いと幸せになれない」
といった趣旨の言葉を聞き、幸せを感じやすいようにルールを変更しているかもしれません。
(達成感を感じるためのルールとか、成功していると感じられるためのルールとか)

どちらも、もっともらしいやり方です。
これらの方法がしっくりくる方は、これまで通り実践してみてください。

でも、僕はなかなかこういったやり方がしっくりこない。
あえて言ってみれば、自分を「騙す」ように感じられるのです。

僕自身は、幸せと感じているか?、不幸だと感じているか?、どちらなのかと聞かれれば、
「別に、どちらでもない」
と答えます。
不幸だとは思わないけど幸せだとも言えない、という感覚。
ある部分では満たされているけど、他の部分では満たされていません。

「幸せだ」と言っている人は、人に聞かれたときに、何も考えず、反射的に「幸せです!」と答えているだけで、本当は僕のような人が多いんじゃないですか?
「幸せです!」と答えることが、いいことだと信じているだけじゃないでしょうか?

「いま自分に与えられている現実に感謝しよう!」とか言われたりします。

僕は、はっきりとNOと言います。
満足していないのに、感謝できるはずがない。

ただし、これは、僕以外の誰かに不満を言っているのではありません。

過去の自分にNOと言うのです。

いまの自分の現実は、過去の自分がそのときどきに判断し、選択した行動の結果です。
いまの自分は、過去の自分の判断と選択に責任を負っている状態。

僕はいま、過去の自分に対して、彼が判断し選択した行動を見て、
「バカか! ふざけんな! まともに考えろよ!」
と言っています。

過去の自分がグズグズでグダグダだったツケを、いま払わされているわけですね。
大きなツケです。

で、タイトルの【幸せの定義】です。

うすうすお気づきかと思います。

あなたが本質的に「幸せ」だと感じられるのは、たぶん、過去の自分に感謝できるようになったときでしょう。

過去の自分に向かって、
「あのときにこの選択をしたアンタは偉い!スゴイ!最高だ!」
と言えるようになったときです。

きっと、そうです。

P.S. また今日も、想定していた結論ではなくなって…。
明日また、似たようなテーマで書き直します。

メルマガの登録・解除はコチラから
http://emfrm.net/DrP/fr/YS01/jVSCoh
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 - メルマガ , ,