フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】伝統は受け継ぐべきものか?壊すべきものか?

      2014/05/10

須賀です。

あなたが、なんの疑いもなく受け入れている伝統って、どんなものでしょう?

年中行事、イベントを追っていくと、けっこう思い浮かぶことがあると思います。

正月、
節分、
バレンタインデー、
桃の節句、
ホワイトデー、
春のお彼岸、
卒業式、
エイプリルフール(?)、
入学式、
端午の節句、
ジューン・ブライド(マリッジ・ブルー?)、
七夕、
お盆、
お月見、
秋のお彼岸、
体育の日、
ハロウィン、
クリスマス、
大晦日、
だいたいこんな感じ?

「この行事、イベントではこうするもの」
と教わっていて、なんの疑いもなくその通りにしている。
そういうことって、あると思うんです。

上に挙げた以外にも、それぞれであると思うんですね。
誕生日、命日、◯◯記念日ってのが。
人によっては、もっといろいろあるでしょう。

さて、こういった伝統、慣習、慣例に、いったいどれほどの意味があるのでしょう?

それぞれの日付になにかをするというのは、おそらく、
いままでそうしてきたから、
そうするように教わったから、
周りがそうしているから、
という理由がほとんどでしょう。

それぞれの意味を知り、
納得して、
ホントにそのときに「したほうがいい」と言われる行為をしている人って、
実際にはあんまりいないんじゃないでしょうか?

なぜお彼岸にお墓参りをするのか?
と質問したら、多くの人がこう答えるでしょう。
「お彼岸にはお墓参りするものだから」
と。

もうおわかりかと思いますが、
これって、
バレンタインデーと同じ。

歴史上のどこかのタイミングで、
誰かが仕掛けたんですよね。
それは花屋かもしれないし、
お寺かもしれない。

こういった行事、イベントの全部が無意味だなんて言うつもりはありません。

だけど、どこかのタイミングで、誰かが「仕掛けた」ものだと、
それは間違っていないと思います
脈々とつづく、ある意味では超強力なマーケティング戦略。

乗っかることで、
心の平安が得られるとか、
スッキリするとか、
プラスの作用があるのなら、
活用したらいい。

逆に、
やらないことでモヤモヤするとか、
なんだか気持ち悪い、
ご先祖様に申し訳ない、
とか思うなら、
キッチリやったらいい。

それだけのことです。
気の持ちよう。

でもたぶん、
年中行事に忠実な人の「豊かさ」が高く、
そうでない人は「豊かさ」が低い。
そんなマーケティング・リサーチがきっとどこかにあるんじゃないかと思います。

もしあなたが知っているなら、ぜひ教えてくださいm(__)m

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://ow.ly/t3Dsb

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/03/28
発行者:須賀和

バックナンバーなどはコチラから
http://yamatosuga.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/ChangeAuto?e=hTHO%3BoeXovd74F2oHZIIOg11

購読停止は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/Cancel?e=hTHO%3BoeXovd74F2oHZIIOg11
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 - メルマガ , , ,