メルマガ

【MfYS】数字にこだわるって、よく言われますが…

投稿日:

須賀です。

あなたは、どんな数字にこだわっているでしょう?

今日のメルマガは、通算333号でゾロ目なので、数字について。

「3」と言えば、多くの人がイメージするのは、ミスターでしょう。
読売巨人軍の永久欠番です。
長嶋茂雄さんの背番号。
長島さんは3という数字こだわりがあったそうで、
現役を引退したあと、監督になったときには33番の背番号でした。

野球だけでなく、スポーツ選手には背番号にこだわりのある方がけっこういます。

ヤクルトや阪神、楽天の監督を歴任した野村監督は、
「足して10になる」背番号を好んだそう。

松井秀喜さんは55でした。
これは、王さんが記録した年間55本塁打にちなんだもの。(たしか)

バスケの神様、マイケル・ジョーダンは23番。
憧れていたお兄さんが45番をつけていて、
「兄の半分でもうまくなりたい」みたいな意味からだったと思います。

サッカーでは、
ヨハン・クライフの14番とか、
ペレの10番、
三浦知良選手は11番とか、
代名詞的な番号があります。

マンチェスター・ユナイテッドでは、7番をつける選手がチームにとって
重要な選手というだという認識があります。

背番号へのこだわり、という意味でユニークなのは、
かつてイタリアのインテルに在籍していたイバン・サモラーノという選手。
9番に強い愛着があったものの、
同時に在籍したブラジルのロナウドにそれを譲り、
自身は18番をつけることになったのですが、
1と8の間に「+」をつけて、9番への愛を示していました。

さて、
よくビジネスで言われる数字へのこだわりは、
売上とか利益とか、集客数とか、成約率とか、リピート率とか、
そういったものですね。

イチローが200本安打にこだわるのと同じこと。

僕がライターとして仕事をいただくときには、
〆切という数字に絶対にこだわります。
「◯日の◯時までに入稿」と言われたら、
それまでに原稿を用意する。

そのせいもあってか、
僕は、待ち合わせの時間に遅刻をすることが滅多にありません。

ですが、また原稿の話に戻ると、
〆切まで余裕がある段階で、早くから原稿を仕上げておく、
ということもしません。
余裕があってもなくても、入稿するのは〆切の直前です。

理由は簡単で、ギリギリまでどうにかしようとしているから、ですね。

これについては、ちきりんさんのこの記事も参考になります。
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20111124

なにかとスピードを求められるご時世ですが、
早くできることが、必ずしもいいことじゃないってこと、
でもありますね。

僕の場合は主に「〆切」という時間がこだわるべき数字ですが、
あなたにも、なにかこだわるべき数字があると思います。

ぜひ「これだけは!」という数字は、絶対に守るようにしてください。

でないと、あなた自身が、あなたを信じられなくなりますよ。

逆に、この数字だけは絶対にキープしている、
というものがあると、それが自信につながるはずです。

数字へのこだわり。
もう一度、意識してみてはいかがでしょう?

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://ow.ly/t3Dsb

・・・・・PR・・・・・
「最強エキスパート養成講座」
http://123direct.info/tracking/af/1122249/I7ubhcp2/
自分の情熱と知識を生かし、セミナー講師
著者、コーチ、コンサル、情報起業家として
自分のメッセージを伝えて独立する!
・・・・・・・・・・・・

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/04/07
発行者:須賀和

バックナンバーなどはコチラから
http://yamatosuga.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/ChangeAuto?e=SlWwcisxgo574F2oHZIIOg11

購読停止は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/Cancel?e=SlWwcisxgo574F2oHZIIOg11
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

-メルマガ
-, , , , ,

Copyright© ymtsg Blog , 2018 All Rights Reserved.