メルマガ

【MfYS】センスはどうやって磨くのか…?

投稿日:

須賀です。

あなたは、身につけたいセンスってありますか?

文章のセンスとか、
写真のセンスとか、
動画撮影のセンスとか、
編集のセンスとか、
プレゼンのセンスとか、
デザインのセンスとか、
ファッションセンスとか、
会話のセンスとか、
スピーチのセンスとか、
いろいろあります。

僕はこの1カ月くらいずっと、
パンフレットの制作をしていたんですけど、
(今朝終わって、あとは印刷のみ!!!)
その中で、
「僕、デザインのセンスまるでないな…」
と、あらためて気づかされました。

今回はページの全体構成と中身の文章作成だったんですが、
まず最初にやらなきゃいけなかったのが、
どのページにどんな写真を置いて、
文章はどこの位置にどれくらい入れるのか?
大体のページレイアウトを考えること。

表紙も含めて全部で20ページ分。
完成形をイメージしながら手書きでやっていったのですけど、
どうしても似たようなページが続いちゃったり、
どうしようもなく凡庸なレイアウトになったり、
打ちのめされそうになりながら、なんとかしたんです。

で、実際のページデザインはデザイナーさんにお願いしたのですが、
この手書きのイメージを渡すのが憂鬱なわけ。
「こんなんじゃできませんよ〜」とか言われたらどうしよう…
とかネガティブなイメージが湧く。
(そんなふうに言われることはありませんでしたが)

そのあと、デザイナーさんが実際にページを作ってくれるわけですが、
結果的に、僕の手書きイメージを元にしつつ、
さらに見やすく、キレイに、雰囲気を出してくださるんですね〜

やっぱり、デザインはデザイナーさんに頼まなきゃダメです。
IllustratorとかInDesignとか、そのあたりも自分で使えるようになろうかな?
と思っていましたが、もうその考えは捨てました。

ただ「それぞれのアプリケーションでなにができるのか?」は、
知っておいたほうがいいとは思いますね。
そのほうが、具体的に指示ができるので。

で、センスの話。

デザイナーさんはなぜ僕よりもデザインセンスがあるのか?
この答えって、簡単だなと。

デザインしているから
ですよね。

自分が実際にデザインをしていて、
また、
デザインをするために、いろんな他のデザインを見ているから、
「どうやったらキレイに見せられるのか?」
のための方法が蓄積されてるわけですね。

この方法、引き出しの多さがセンスにつながるんだと。

デザインだけでなく、
文章のセンスがある人は、たくさん本や記事を読んでいて、自分でも書いている。
書くから、うまく書けないってことが認識できて、
「もっとうまく書けるようになるにはどうしたらいいか?」
と考えて、うまく書いている人のをよく読むようになる。

こういう感じですよね。
映像でも、写真でも、ファッションでも、会話でも、スピーチでも、
うまい人のを見て、自分もやってみる。
この繰り返し。

質は圧倒的な量から生まれる
って言いますけど、
センスもつまりは質なわけで、
やっていくうちに身についてくるもの。

なので、センスを身につけたいと思ったら、
量、数をこなしましょう。
結局、それしかない。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://ow.ly/t3Dsb

・・・・・PR・・・・・
このビデオは「ある事情」で期間限定の公開となります。
あなたの ≪ 健康 ≫ に関わる重要なことなどを
話していますので先延ばしせずご覧下さい。
「健康」よりも大事なことは、この世にはないと思います。
http://123direct.info/tracking/af/1122249/Rlorvcyi/
・・・・・・・・・・・・

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/05/11
発行者:須賀和

バックナンバーなどはコチラから
http://yamatosuga.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/ChangeAuto?e=vSmhZV0nybt74F2oHZIIOg11

購読停止は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/Cancel?e=vSmhZV0nybt74F2oHZIIOg11
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

-メルマガ
-, , ,

Copyright© ymtsg blog , 2018 All Rights Reserved.