メルマガ

「リ」のとき

投稿日:

須賀です。

好きな格言があるんです。

「ああ、復活の前に死があるね」
というもの。

ロマン・ロランという人のものだそうで、
この方がどんな人かもわからないし、
どこで見聞きしたのかも覚えていない。

あと、これもなんかの動画で見た話。

スラブの民話に、
「死の水と生の水」ってのがあるそうで、
死にかけた人に、生の水だけをかけてもうまくいかない。

でも、先に死の水をかけると、全身の関節が外れて、
そのあと生の水をかけると生き返るんだそうな。

僕も例外ではないのですが、
いま、正直、とっても苦しい人がいると思うのです。

いろんな業種、職種の人で、
それぞれの大変な時をすごしている。

僕はいま、鎌倉という観光地に住んでいるので、
この数カ月、駅前やらのテナントの移り変わりも
いろいろ見てきています。

繁盛しているように見えたあのお店が閉店、
地元の人に愛されていたあのお店が閉店、
どこかで人気のお店が新規オープンしてる、
いろいろです。ひきこもごも。

なにがいいか悪いかわかりません。
予測不可能な状況の中で、どうすればいいか?
正解なんて存在するはずがない。

じゃあ、どうすればいいのか?
救いはないのか?

というと、そうでもない気がします。

いまは「リ」のとき。

リデザイン、
リスタート、
リボーン、
そういう感じ。

リメンバー、リマインド、
リレーションシップとかも含めて、
「リ」=「再」なのかな?
(リライトは聞きたくない…笑)

要は再構築なわけです。

「いままで」はガッシャーンって壊されて、
「これから」は新しくなっていく。

普通、常識、当たり前、
そういう言葉が意味をなさない。

逆に、そういうものに縛られない価値観が
じわじわと広がっていくのかもしれない。

不安定で不確定で予測不可能な時代だからこそ、
「安定」を求める人は多いかもしれません。

そんなものはない、
と言ったら言い過ぎかもしれませんが、
そういうものが与えられる社会ではもうない。

これまであった幻想にしがみつくのではなく、
リアライズ、現実をしっかり見ること。

いろんな報道だけでは判断できません。

どんな情報を取り入れたらいいのかもわからない。
なにが信頼できるか?も判断のしようがない。

どんな人からの情報であろうとも、
なにが正しいとか間違ってるとかわかんないんですよ。

なら、自分で考えるしかない。
いろいろな情報を集めたりしてね。
それでもわかんないことは多い。

わかんないことだらけ。

だったらね、
「離」脱してもいいのでは?

そういう世間的なものからね。
もちろん、傍若無人に振る舞おうぜというわけではない。

単純に、みんながみんな、
同じことしてるのはオカシイ。

周りがどうだからなんてのから離れて、
自分は自分としてやっていっていいんですよ。

そう思います。

-メルマガ

Copyright© ymtsg blog , 2021 All Rights Reserved.