メルマガ

相手の言葉を真に受けない

投稿日:

あなたは、ふとされた質問にうまく答えられなかった経験、
ありませんか?

本当はこう思っているのに、
ふと口から出た言葉は違うものだった、
という感じですね。

僕は先日、レストランで食事をしていたときに、
マスターから、
「今日はお休みですか?」
と聞かれて、
「いえ、フリーランスなので」
と答えたんですよ。
で、
「どんなお仕事ですか?」
とつづけて聞かれ、
「スポーツライターです」
と、なぜか答えていました(笑)

コピーライターです、ならまだしも、
なぜスポーツライターと口から出たのか…

スポーツライターと答える期間が長かったので、
単に習慣になっているだけといえば、
それまでなのですが。

最近では、
プロモーターとか経営コンサルタントみたいなもん、
と、相手に合わせて答えることも多くなっていたのに。

で、
これはちょっとレアな例だと思うんですが、
こんなふうに、
「なんでそんな答えが出ちゃうんだろう…?」
ってこと、たまにありますよね?

これ、
自分にもあることなので、
話を聞こうとしている相手にもあることです。

最近、教わった話で言うと、
コーチングやコンサルセッションなどをするとき、
全部で1時間あるとしたら、前半の30分では、
相手は正直に、本当のことを話さない、
ということ。

特に初対面であれば、なおさら。
相手もいくらかの警戒心があるし、
どこまで話せる相手なのか?を探っている。

でも、それをわかった上で、
最初の話を真剣に聞きながら、
相手の信頼を得て、後半に相手が言うことに、
もっとしっかりと耳を傾けましょう、と。

それから、
相手の言っていることを、
完全には真に受けない姿勢も必要。

もし相手が、
「いまの仕事がキライ」
と言った場合でも、
仕事内容がイヤなのか?
給料が少ないのが不満なのか?
職場環境がストレスなのか?
などなど、
よくよく聞いてみると、
仕事そのもの(職種)が問題なのではなく、
それ以外の周辺的な部分に問題があって、
仕事は実は好きだったりする。

なので、
意識したほうがいいのは、
相手の口から出た表面的な問題ではなく、
それを問題だと思っている、
その奥にある理由はなにか?
ということ。

よくよく聞いてみたら、
問題は違うところにあった!
というケースは多いです。

自分自身も誰かに話を聞いてもらうとき、
「あ、そうか!そこじゃなかったんだ!」
ってこと、ありますよね?

というわけで、
相手の話を聞くときもそうなんですが、
自分自身についても、
問題だと思っていることを、
なぜ問題だと思っているのか?

そうやって、
深堀りして考えてみるのも、
いいかもしれませんよ。

====================
限定50名、募集説明会まで残りわずか!
《無制限サポート》が大好評の集客講座
・世界最先端の集客法を入手できます…
・売上は上がるのに、広告費は最小限です…
・稼げるまでずっとサポートしつづけます…
・一緒に応援しあう仲間の存在があります…
・クライアントを確実に成果に導きます…

コーチ、コンサルタントなど個人起業家に
必須の知識、スキル、マインドセット
すべてを4か月で手に入れるだけでなく、
結果を出すまで徹底的にサポートする講座
【荻窪式スマートプロモーションメソッド】
http://kantan-marketing.net/item/37289/5629/
====================

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、
ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどで
シェアしてください! お願いします!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag
あなたの魅力を引きだして
ライバルと圧倒的な差別化をはかる
<プロフィール作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2015/02/18
発行者:須賀和

-メルマガ
-, , , ,

Copyright© ymtsg blog , 2018 All Rights Reserved.