メルマガ

表面的な欲しいものと本当に欲しいもの

投稿日:

あなたがいま、猛烈に欲しいものはなんでしょう?

別荘でしょうか?
ポルシェでしょうか?
彼氏、彼女でしょうか?
最新の家電でしょうか?
健康でしょうか?
現金でしょうか?

よくあるワークで、
「欲しいものを100個書き出しましょう!」
ってありますよね?

やったことがある方ならわかると思いますが、
100個って、意外と書けないもんです。

たしか、
ほとんどの人は30個くらいでいったん止まり、
そこから粘って70個くらいまでいき、
最後の30個は捻りだすって感じになる。
(数字はうろ覚えなので、こんな感覚ってことで)

これ、書きだしたことがない場合は、
ぜひやってみて欲しいのですが、
書きだしたことがある場合でも、
それを振り返って、
考えてみてほしいんです。

それ、
本当に欲しいものなの?
って。

どうでしょう?

最初に例でポルシェって書きましたけど、
これは僕が欲しいモノなんですよ。

ポルシェの助手席には乗ったことがあっても、
運転したことはないし、
所有したことも、もちろん、ない。

で、
たまに、ふと、
「このまま死んでも後悔しないんじゃないか?」
と考えることがあったときに、
「でも、ポルシェオーナーにならずに死ぬのってヤだな」
って思うんです。

じゃあ、
なぜそこでポルシェが出てくるのか?

その理由を考えてみると、
きっと、僕にとっての自己実現の象徴が、
ポルシェなんです。
(なぜポルシェなのかはわからないけど)

つまり、
僕は表面的にはポルシェが欲しいと思っているんだけど、
本当に欲しいと思っているのは、
自己実現なわけです。

他にも、
欲しいものとして、世界各国の美術館とか建築とか、
そういうのを観たいってのがあるんですけど、
それらも、結局は自由を象徴しているもの。

なにかのキッカケで寄ることができて、
チラッと観られたら嬉しいってことじゃない。

なにが言いたいのか?

そう。
欲しいモノっていうのは、
あくまでも表面的なものであって、
実際に、本当にあなたが欲しいものは、
それを手にすることで得られる、
もしくは、そのモノが象徴している、
感情
なんですよね。

だから、
「社会貢献を使命として生きます!」
っていうのも、
それをすることで得られる感情が欲しいわけですね。

いいとか悪いとかいう話ではなく。

別に、誰かを下げようとかいう意図はありません。

なんでこんな話をしているのか?
というと、
この前提を理解していると、
目の前の人の話を、より深く聞けるようになるんです。

相手が、
「こうしたい、こうなったらいい、これが欲しい」
とか言っているとき、また、
「あれがない、あれができない」
とか言っているときに、
相手が本当に求めている感情を探って、
満たしたいニーズ、欲求を見極められるようになる。

だから、
表面的な問題を解決しようとするのではなく、
本当の問題、欲求、ニーズを満たすための、
ちょっと踏み込んだ聞き方ができるようになるんです。

もちろん、
僕もそれがまだまだうまくできるほうではありませんが、
意識はするようにしています。

きっと、
徐々にうまくなっていくでしょう。

なので、
あなたも、誰かの話を聞くときには、
本当に欲しいもの、欲求、ニーズはなにか?
を意識してみてください。

そうすることで、
聞き方、提案のしかたが変わっていきますよ。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、
ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどで
シェアしてください! お願いします!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag 
あなたの魅力を引きだして
ライバルと圧倒的な差別化をはかる
<プロフィール作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2015/03/27
発行者:須賀和

-メルマガ
-, , , , ,

Copyright© ymtsg Blog , 2018 All Rights Reserved.