フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】雪が…

   

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Mail from Yamato Suga
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

須賀です。

あなたの住んでいる地域では、どれくらい雪が降るでしょう?

僕は埼玉県民ですが、僕の住んでいるあたりでは、雪はほとんど降らないんです。
ただ、年に1、2回はいわゆる「大雪」になって、電車やらの交通が乱れます。
「大雪」と言っても、関東の平野部では10cm程度のこと。

あなたが住んでいる地域によっては、「は?」ってなるでしょうね(笑)

関東、特に都心では、ちょっとの雪でいろいろダメになります。
特に影響を受けるのが車。

年に1、2回しか積もらない雪のために、スタッドレスタイヤを買う人がいるくらい。
意味不明ですよね。
雪の影響が落ち着くまでは車に乗らなきゃいいだけなのに。

そうも言っていられない、
「なにがあっても9時までには出社しなきゃ!」
「雪を言い訳にして仕事に穴を開けられない!」
とかっていう人々が多いんでしょう。

ま、それはそれでいいんです。

実は僕、
12年くらい前には、群馬県の草津温泉にあるホテルで住み込みのバイトをしていました。
11年くらい前には、山梨県の河口湖にあるホテルで住み込みのバイトをしていました。
いわゆる、リゾートバイトってやつです。
どちらも、レストランのウェイター。

大晦日と元日の怒涛のような忙しさは、忘れることができません…。
二度と経験したくない。
あ、でも、いまならもっとうまいことやれるかも。

で、草津温泉も河口湖も、どちらもけっこう雪が降るんですよ。
草津温泉は、本州でもっとも寒いとも言われる場所なので、一番寒いときは、氷点下15度とかもありました。

ってことはです。

雪が降って、日中にちょっと溶けて、夜には気温ががっつり下がる。

道路の状況がどうなるかわかりますね?

昼は氷の上に水が乗った状態か、雪がシャーベット状になってます。
夜は氷です。

昼でも夜でも、滑りやすいんです。
この状況、車の運転にはけっこう気をつかいます。

そりゃそうですよね。
ヘタしたら滑って事故につながるんですから。
慣れてきても、緊張感はある。

僕は免許を取ってから、そんなところで運転する期間が長かったので、
人より安全運転するようになりました、

急アクセル、急ブレーキ、急ハンドルはしない。
雪道で滑るような運転のしかたはしないってこと。

それに加えて、
飲酒運転はもちろんですが、
運転中は携帯もほとんど触りません。

運転しながら電話するとか、メールやLINEするとか、絶対にしません。
ラジオから流れてきた曲が気になったら、赤信号で停まったときにshazamするくらいのもの。
(タイミングが合わなければ、ご縁がなかったってくらいの話)

あえて強く言いますけど、運転中に、かかってきた電話を受けるとか、メールやLINEをするなんていう人は、
<事故死したほうがいい>
ですよ。
ただし、誰も巻き込まずに、ひとりで死んでください。

はっきり言って、1分1秒をあらそうような電話なんて、絶対にかかってきませんよ。
急ぎの電話だとしても、次のコンビニで停まってかけなおしたらいいだけ。
メールもLINEも同じ。

「かかってきた電話にはでなきゃいけない」みたいな、ムダな強迫観念のようなものは捨てるべきです。
僕は、どんな状況でも電話はとりあえずスルーですから(笑)
メールもLINEも、とりあえず見て、返信したくなってから返すタイプ。

それに、相手の至急は自分にとっても至急だとはかぎりません。
たいていは関係がない。

つまり、あなたは、相手の都合にいちいち合わせなくていい。
たとえ相手が誰であろうとも。

その一本の電話に出なかったことで大きなチャンスを逃すことになったとしても、
それはしょうがない。
あなたと相手とのタイミングが合ってない、それだけ。

関東の雪からこんな話になりましたけど、要は、しょうがないときもあるってことですよ。

「なにがなんでも9時に出社せにゃならん!」

とあなたが思い込んでいるとしたら、ヤバイですよ。
その会社もヤバイけど、あなた自身がもっとヤバイ。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

バックナンバーなどはコチラから
http://ymtsg.wordpress.com/

メルマガの登録・解除はコチラから
http://emfrm.net/DrP/fr/YS01/jVSCoh
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 - Uncategorized