フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】キャラを立たせろ!

   

あなたは、どんな人だと思われたいのでしょう?

あなたのキャラクターって、どういったものなのでしょうか?

ざっくりとしたイメージで言うと、
楽しい人と思われたいのか?
エキサイティングだと思われたいのか?
衝撃的だと思われたいのか?
癒やされると思われたいのか?
落ち着くと思われたいのか?

その理由はなんでしょう?

また、そう思われるために、どんな言葉や行動が必要なんでしょう?

僕は昨日、すごくインパクトのある人と会ったんです。
その人は、都内のある場所のauショップにいました。

彼は、僕が普段持っている仕事用携帯の機種変更に対応してくれた店員さん。

20代前半。
清潔感はあって、顔立ちはまあまあだと思いますが、顔色が悪く、そのせいか、ちょっとオタクっぽい。

で、その彼、なぜか、ひとつひとつの動作が、郷ひろみみたいなんですよ。

シュッとして、サッとして、なんかこう、手さばきをアピールするような感じで、
「見られている」意識がものすご~く強いんでしょうね。

説明のしかた、言葉の選びかたも、自信満々な口調。

「仕事できます!」って思われたいんだろうなって、強く感じました。
その割には、突っ込んだ質問をしたら「えっと…」ってなってましたけど。

僕は彼を笑いものにしたいわけではないのです。

重要なのは、彼の印象が僕に強く残っているというところ。

彼は僕に一度も名乗らなかったにもかかわらず、名前も覚えています。
書類の端に書いてあった担当者名の欄を見ていたので。
気になったから見て、覚えたほどだということです。

彼は、おそらくは「仕事ができる」「信頼できる」と思われたいと望んでいて、
そのために必要な言動を選択していたんでしょう。

そのキャラクター作り、イメージ戦略が成功しているのかどうかはわかりませんが、少なくとも、相手にインパクトは残している。
ある意味、キャラが立ってるわけ。

そういう、相手の記憶に残る、インパクトを与えるようなキャラクターを、意識的に自分自身も作ったほうがいいんじゃないかと教えてもらったように思います。

髪型や着ている服、使う言葉と話し方、座り方、立ち方、歩き方といった立ち居振る舞いなどに、いままで以上に意識を向けてみることも重要でしょう。

「人からどう見られるのかなんて、気にする必要ない!」
と思うかもしれません。

でも、「こう見られたい、見られたくない」「こういうイメージを持たれたい、持たれたくない」っていうものを明確に持って、
意識的にコントロールしているほうが、相手の記憶には残りやすくなりますよ。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録は、以下のアドレスへメールを送信してください。
mm-sgyamato-1@jcity.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/01/16
発行者:須賀和

バックナンバーなどはコチラから
http://yamatosuga.com/

 - メルマガ , ,