フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】この世界の秘密

   

須賀です。

あなたは、この世界の秘密を知りたいと思いますか?

昨日、僕の手元に、こんな本が届きました。
『99%の人が知らない この世界の秘密』
サブタイトルは、<彼ら>にダマサれるな!です。
著者は内海聡さんという医師ですね。

内海聡さんって、ご存じですかね?

僕の解釈では、いろんな社会の闇を暴いている人です。
FBでも熱狂的なファンがいたりします。
(僕はちゃんと追っていないので、詳しくは知りません)

で、この本が届いて、とりあえず「はじめに」を読んでみました。

なんて書いてあるのかをざっくりと要約すると、
・・・・・
この世界には、都市伝説的な「支配層」ってのが存在している。
それはどうやら確からしい。
でも、私はそういう人に実際には会ったことはない。
だけど、たぶんいる。
で、そういう人達が世界を動かしていて、
一般市民が知らないあいだに洗脳されている。
この本の目的は、そんな<彼ら>がしてきたこと、
しようとしていることを暴いて、
自分たちがなにをどう選択して生きていくのかを、
自分で考えられるようになることだ。
・・・・・
という感じ。
ま、あくまで僕の視点からの要約ですよ。

読んでみて思いました。
「うまいな!」
と。
優秀なプロデューサーがついているんだろうな、と推測しちゃいました。

まず、<彼ら>が存在するとは言い切ってない。
いるかもしれないし、いないかもしれない。

で、存在していると仮定して話を進めます、というふわっとした立場で話が始まっています。

そんな<彼ら>を読者との共通の敵に設定してあります。

本を最後まで読んでないのでわかりませんが、
おそらく、着地点としては、
「<彼ら>がいるとしたら、こういう意図がある。
 だけど、それに乗っかるか乗っからないかを自分で選ぶこともできる。
 どうすべきかは、
 自分で調べて、自分で判断して、自分で選択しよう」
と、なっているでしょう。

そりゃそうですよね。

結局のところ、
結論はいつも同じにならざるをえません。

あなたのことは、
あなたが判断して選択し、あなた自身が責任をもってください。

すべてはここに行きつきます。

誰かがあなたを被害者にするのではなくて、
あなたが自らのぞんで被害者になっているんですよ、
ということです。

すべてにおいて言えます。

健康で例えるとわかりやすい。

一方では、
牛乳は身体にいい、と喧伝しています。
もう一方では、
牛乳は身体に良くない、と喧伝します。

どちらが正しいのでしょう?

おそらくどちらも正しいんでしょう。
どの角度から見るかによって、結論は変わります。

他の食品もそうですね。
肉も、野菜も、魚も、オイルも、健康食品も。
ある角度から見たら身体に悪いけど、
別の角度から見たら身体に良い。
もしくは、どっちでもない。

あなたがどの角度を選択するか?
という以外には基準はないんです。

「Aさんがいいって言ってたから」
という基準を採用するかどうかは、あなたが決めること。

特定の食品を食べつづけて健康を害したとしたら、
それはあなたの責任です。

なにを食べるべきか?
なにを避けるべきか?

それを自分で判断して選択したんだから、
自分以外に誰かのせいにはできない。

最初に紹介した本も、結局は同じことを言いたいんだと、僕は思います。

もっとも簡単な言葉に置き換えると、

「誰かのせいにするな」

ということでしょう。

だから、
もっと自分に関わることに関心を持って、
自分で調べて、
自分で考えて、
必要な行動を選択しましょうよ!
っていうメッセージなんだと。

自分で考えましょう。
あなたのことなんだから。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://ow.ly/t3Dsb

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/02/06
発行者:須賀和

バックナンバーなどはコチラから
http://yamatosuga.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/ChangeAuto?e=7uaoDYFn_rp74F2oHZIIOg11

購読停止は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/Cancel?e=7uaoDYFn_rp74F2oHZIIOg11
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 - メルマガ , , , ,