フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】どこがいい?

      2014/02/19

須賀です。

あなたは、友人や恋人などと食事をするとき、どんなところに行きたいでしょう?

景色のいいところでしょうか?
とにかく美味しいところでしょうか?
行きつけの店でしょうか?
リーズナブルなところでしょうか?

他にもいろいろ基準はあると思います。

僕は先日、とある女性を食事に誘ったんです。
で、どこがいいか、希望を聞きました。

こういうときの僕の質問は、たいていこれです。
「行ったことがないけど、気になっているお店は?」

そのままなんですけど、
行ってみたいと思っていはいたんだけど、
なかなかチャンスがなくて行けていないお店。

僕はよく、そういうお店に行きましょうと提案するんです。
いつも行っているところではなく、
新しいところを発掘しましょうよ、
ということ。

この提案のしかたは、
彼女でも、彼女でなくても、男同士でも、
いつもそうなんです。

で、結論から言うと、
そのお店は、僕にとっては「失敗」でした。

味がどうこうではないんです。
飲食店なんだから、美味しいのは当たり前。

そうではなくて、
真新しさがなかった。

店に入ってから出るまで、
特別ななにか、
そういうものはなかったんです。

要は、
「このお店はなにか違う!面白い!すごい!」
みたいななにかを期待していたんだけど、
そういったものはなにもなかった。

それが普通でしょ?
と言われるかもしれません。

たしかに、
全国的に名前の知られているチェーン店なら、
全国どこでも同じようなメニューで、
全国どこでも同じようなサービスで、
お会計のときも当然予想通り、
それが期待されていますよ。

だけど、
個人経営っぽい、地域密着みたいな、
そういうお店であるならば、
例えばその地域の特色であったり、
経営者、オーナー、料理長のストーリーにもとづく、
そういうメニュー構成なんかがあっていいと思うんです。

ま、あくまでも僕の個人的な意見ですよ。

「また寄りたい」
と思わせる強みって、必要だと思うんですよね。

中村文昭さんの話みたいになってますけど(笑)。

マーケティングでいうところの、LTVだと思うんです。

先日の女性と一緒に食事をしましょうとなったとき、
僕はきっと「こないだのお店に行きましょう」とは言わない。

また、先日と同じように聞きます。
「行ったことがないけど、気になっているお店は?」
と。

だけどですね、
もしかしたら、
これ、
やめたほうがいいかもしれませんね。

なぜか?

相手の基準で
「ちょっとチャレンジング」
なお店は、
結局のところ、
相手にとっては大してチャレンジングじゃないんです。
(これ、値段の話ではありません)

予想の、想定の範囲内になる。

それじゃ面白くないですよね。

行くお店はやはり、相手の基準でなく、
相手の想定の外にありそうな、そんなお店を選んであげないとダメですね。

高級レストランに招待するべきだ、という意味ではありません。
それこそ、一番面白くない選択です。

いろんな角度から、
「新しい世界を見せましょう」
ということです。

もちろん、食事だけでなく。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://ow.ly/t3Dsb

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/02/17
発行者:須賀和

バックナンバーなどはコチラから
http://yamatosuga.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/ChangeAuto?e=RDA623pEkJt74F2oHZIIOg11

購読停止は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/Cancel?e=RDA623pEkJt74F2oHZIIOg11
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 - メルマガ , , , ,