フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】ウソとハッタリと思い込みと思い違いと、その他

   

須賀です。

あなたは、どんな場面でウソをつくでしょうか?

僕はこんなときにウソつきます。
「甘いモノ好き?」と聞かれて、
「大好きなんでよぉ〜」
とか言っちゃうとき。

実際には、
「好きか嫌いかで言えば好き」
ってくらいなんですけどね。
なるべく食べないようにしてるし。

でも、目の前に用意していただいている状況で、
「好き?」
と聞かれたら、そう答えますよね。
イチ社会人として。

ただ、嫌いなものならハッキリ言うタイプです、僕は。
僕が嫌いなのは、ナスです。
「うちの畑でナスが豊作なんだけど持っていく?」
と聞かれたら、ちゃんとお断りします。
「すいませ〜ん、ナスは苦手なんです…」
と。

あと、フルーツもほとんど食べません。
酵素がどうとか加水率がいいからとか関係ない。
甘いので。

脱線しましたが、
相手を傷つけないようなウソを、ホワイトライ(lie=ウソ)と言うそうです。
そのウソによる被害がないってことですね。
これはこれでアリかなと僕は思っています。

逆に、ウソは多くの場合、問題があります。

佐村河内氏のやつとか、
小保方氏のやつとか、
特にセンセーショナルなやつのときには、
世間の目はめちゃくちゃ厳しい。

全然関係ない部分でも叩かれる。
そこはさすがにやりすぎだろ、ってところもあるでしょ?

インターネットでも、いわゆる「炎上」するのは、
ウソがバレたときだと言われます。
あと、隠し事がバレたとき。

芸能人がスキャンダルになったり、叩かれたりするのは、
法を犯したときと、こういうときでしょ?

ステマ騒動もそうだし、
浮気や不倫、
闇社会とのつながり、
清楚系と思わせておいて…
などなど。

「インターネットなんてどうせ虚構の世界なんだから、どうせバレないよ」
なんてタカをくくっていると、強烈すぎるしっぺ返しを食らうことになる。

突っ込みどころがないようにしておくか、
突っ込まれてもいいようにしておくか、
ちゃんと事前対応が必要。
(それでも叩きたい人はなにかを探してくるでしょうけど)

で、ウソとは性質が違うものに、ハッタリがありますね。
これは簡単な話。
「できるかどうか微妙なところだけど、できるって言っちゃう」
って感じ。

例えば僕が、
「W杯の前に日本代表監督のザッケローニ氏のインタビュー取れる?」
って聞かれる場面があったとして、やってみたいと思ったら、
「可能性あるので、やります」
と言えます。

実際のところは、インタビューがとれるかどうかわかりません。
ですが、
「あの人がサッカー協会につながりがありそうだから、そこからなんとかつながらないか…」
というイメージは湧く。

つまり、ハッタリが使えるのは、現実にするまでのイメージが湧くときと言える。

それから、ウソと似てるけど、結果的にウソだと言われちゃうのが、
思い込みと思い違い。

ひとことで言えば、
「こんなはずじゃなかった…」
となるとき。

できるはずだと思っていたのに、
うまくいかない、どうやらできそうにない。

こんな状況、ありませんか?

「そんなバカな!」
ってなります。

僕もたまにこういうことがあります。

ただ、この状況のときは、
なんとかすれば、なんとかなったりもします。

不安と恐怖で心臓がバクバク爆になって、
それでもできる方法を必死に探して、
できることは全部やって、
どうにかこうにかやってのける。

逆に、できないとあきらめると、
「あいつ、ウソだったな」
と言われることになる。

僕が思うに、最大の成長のチャンスはこのときでしょう。

ウソは騙すだけなので簡単。
その代わり、リカバリーはめちゃくちゃ大変。
もしかしたら、リカバリーのチャンスがない。

ハッタリは、ある程度はできそうだと思っているので、
ちゃんとやってみればできる。

でも、思い込みと思い違いはレベルが違う。
簡単だと思っていたところから、
できないかもしれないってところまで落とされ、
でも、なんとかしようと這いあがる。
脳がフル回転します。

意図的にこういう状況が作れるかはわかりませんが、
これは効きます。

よく言われる、
「ピンチはチャンス」
ってやつですね。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://ow.ly/t3Dsb

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/03/19
発行者:須賀和

バックナンバーなどはコチラから
http://yamatosuga.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/ChangeAuto?e=Uqgae5dQhbl74F2oHZIIOg11

購読停止は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/Cancel?e=Uqgae5dQhbl74F2oHZIIOg11
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 - メルマガ , , , , ,