メルマガ

つかみはOK!ですか…?

投稿日:

あなたは、お客さんの心をしっかりとつかんでいるでしょうか?

LPやセールスレターを書くとき、
セミナーで話をするとき、
気になるあの人と初めてのデートをするとき、
などなど、
最初のつかみ、いわゆるキャッチは、
超重要です。
LP、セールスレターで言えば、
いわゆるキャッチコピーがハマらないと、
お客さんはその先を読み進めてもらえません。

セミナーでは、
最初のつかみの話でスベると、
その先の話に対する興味を持ってもらえない。

なんてことになりかねません。

というわけで、
キャッチコピーは重要ですから、
しっかりと考えぬいて、
いいやつを提示しましょう!
で、終わったら怒られますね。
じゃあ、
いいキャッチコピーにあって、
そうでないキャッチコピーにないもの。
その違いをお伝えしましょう。
簡単です。
それはですね、
想像力
です。
書き手に想像力があれば、
キャッチコピーは良くなります。
なければ、いいものになりません。
シンプルですね。
難しいことはいっさいない。
さて、
想像力って、なにを想像する力なのか?
ですね。

読み手がどう感じ、どう行動するのか?
を想像することです。

ま、自分の提供する商品やサービスの場合は、
それについての内容がわかりきっているので、
なにをどう伝えていいのか?が、どうにも
見えない状況になりやすいんですけどね。

そこを、第三者の視点を入れてもらうなりして、
予備知識のない、まっさらな読み手を想定して、
どう感じ、どう行動するのか?
を想像する。
読み手が、
いまなにを考えていて、それに対して、どう感じているのか?
その読み手に、
どんな言葉を投げかけたときに、
どう反応して、どう感じるのか?
さらに、
どういう言葉で伝えたら、相手はそれを自分ごととして捉えて、
すんなり受け取ってもらえて、
行動を促せるのか?
つまりは、
相手の立場になって考える、ということと同じです。

どうやったら相手が受け取れるのか?
そのための伝え方は、どういうものか?
それをちゃんと考えること、かと。
これって、どんな人間関係でも同じですね。

恋人でも、親子でも、夫婦でも、
なんでもそう。

「なんでわかってもらえないの?」
という疑問は、
「どう伝えたらわかってもらえるのか?」
に変換が必要です。

問題は相手の理解力ではなく、
自分自身の伝え方。
相手を変えたいと思ったら、
まずは自分が変わることだ、
なんて言われますけど、
具体的には、
相手の受け取り方を想像して、
自分の伝え方をよく考える。

それくらいのことではないかと。
僕もなかなかこれがうまくなりませんが、
ぜひ、あなたも一緒に、
意識して人と接していきましょう!

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag
「あなたを知ってもらう」ための
<プロフィール作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!

作成シートではなく、
すぐにでもプロフィール作りたい!
という方は、コチラ↓もどうぞ
http://yamatosuga.com/profile
・・・PR・・・
『人生の9割は逃げていい。』
※立ち読みキャンペーンも開催中!
http://akiraiguchi.com/9wari_campaign/

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/09/02
発行者:須賀和

-メルマガ
-, , , ,

Copyright© ymtsg blog , 2018 All Rights Reserved.