フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】最低限必要なスキル

   

須賀です。

あなたの仕事で、最低限必要とされるスキルって、どういうものでしょう?

また、あなたの仕事をさらに飛躍させるために、いまより強化したほうがいいスキルって、なんでしょうか?

僕の場合は、いろんな仕事の依頼があるので、いろんなスキルをちょこちょことしたレベルで持っています。

スポーツライターとしてなら、
データを調べるための検索のスキル、
集めたデータをまとめるスキル、
インタビューのスキル、
そういった素材をひとつの文章にまとめるスキル、
などなど。

セミナー運営関連なら、
ExcelやWordを使った書類作成のスキル、
告知や販売に関わるインターネットのスキル、
音響や照明の機材操作のスキル、
動画の撮影、編集のスキル、
受講者の問い合わせやクレーム対応のスキル、
経費節減のための交渉のスキル、
などなど。

他にもあるような気がしますが、重複するものもあるので、こんなところ。

で、これらの仕事にも関係するし、これからの仕事にも関係するスキルの中で、
強化しなければならないと僕が考えいているのは、

人間関係のスキル

です。

別の言い方をすると、コミュニケーションのスキル。

コミュニケーションって、大きく分けると3つのタイプに分かれます。
ひとつ目が、自分自身とのコミュニケーション。
ふたつ目が、1対1のコミュニケーション。
みっつ目が、1対多数のコミュニケーション。

詳しくは、『パワートーク』(著:井口晃)で。

ひとつ目の自分自身とのコミュニケーションは、自己啓発の分野がイメージしやすいですよね。
ふたつ目の1対1は、要は普段の身の回りの人とのコミュニケーションです。
家族、恋人、友人、同僚、上司、部下、ビジネスパートナー、クライアントなどなどなど。
みっつ目の1対多数は、いわゆるパブリックスピーキングで、人前で話をするってこと。

このみっつ目の1対多数には、マーケティングも含まれていると僕は考えています。
マーケティングって、
「商品やサービスを、それを必要としている人に届ける」
のが大きな目的です。
なので、お客さんが求めているものを知って、それに合わせて提供する必要がある。

広告や情報発信などは、お客さんとのひとつのコミュニケーションと言えますから、これもみっつ目に含まれる。
パブリックスピーキングは、目の前にいるお客さんだけでなく、インターネット上にいる不特定多数のお客さんに対してのものでもある。

さて、そう考えると、です。

ひとつ目の自分自身とのコミュニケーションは、巷にあふれる様々な本や教材で学んで、自分でワーク、エクササイズに取り組めばOKですね。

ところが。

ふたつ目とみっつ目は、いまより良くしたいと思ったら、ちゃんと学ぶ必要があります。

なぜかというと、その答えはけっこう単純で、
「こうするのがいいよ」という解決策を見つけるのがなかなか難しく、
また、
それを学ぶのには、ある程度のお金と時間をかけてでも学ぼう、という意志が求められるんですよ。

ただし、このスキルに時間とお金を自己投資すると、お金だけでなく、精神的なリターンも多くなります。

そりゃそうですよね。
人間関係とマーケティングのストレスが減るわけですから。

じゃあ、ここから宣伝ですが、
人間関係とマーケティングのスキルを同時に手に入れる方法があったら、
普通は興味ありますよね?

時間はとる必要がありますが、お金はかかりません。

メールアドレスを登録して、届くメールを読んで、取り入れていくだけ。

それをすれば、
「ふたつ目とみっつ目のコミュニケーションが改善されたらどうなるのか?」
それを体験できるでしょう。

そういう流れで、コレ↓は作られている。
http://pmcpromote.com/item/52631/3516/

2日つづけてコレを紹介していますが、それだけオススメ度が高いんです。

メルマガに登録してみてください。
届くメルマガを読んで、実践するだけで、成長の実感が得られますよ、きっと。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録は、以下のアドレスへメールを送信してください。
mm-sgyamato-1@jcity.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/01/22
発行者:須賀和

バックナンバーなどはコチラから
http://yamatosuga.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/ChangeAuto?e=Q4is4bS5LDZ74F2oHZIIOg11

購読停止は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/Cancel?e=Q4is4bS5LDZ74F2oHZIIOg11
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 - メルマガ , , ,