メルマガ

雑誌から学べることは…?

投稿日:

あなたは普段、どんな雑誌を見ているでしょう?

僕は昨日、久々にファッション誌を買ってみたんです。
『GQ』ってやつです。
http://gqjapan.jp/

一貫して「ラグジュアリー」なモノを紹介する雑誌ですね。
ファッション誌って、そのほぼすべてのページが「広告」だと
言われます。
読んでみて思うのは、実際にその通りだということ。

主なページの広告掲載料金がいくらぐらいなのか?
というと、ホームページから見ることができました。
このページ↓
http://corp.condenast.jp/datas/ad/GQJAPAN_website_Advertising_Rates_Mechanical_Requirement_Japanese.pdf

このページを見てわかるのは、
表紙から目次までのページが、広告料が高いってこと。
ってことは、雑誌の中で一番見られるページは、
目次
ってことになりますね(笑)

で、以外にも表4(裏表紙)は比較的安いです。
GQの場合は250万円(条件によって変わるようですが)

一番高いのは、表紙をめくって観音開きになるところで、
800万円です。
本田圭佑が表紙の7月号では、Cartierがここに載っています。
表紙の本田圭佑が左腕に巻いているのも、そのCartierの時計。
右手の指先もその時計に向いています。
中身については、やっぱり当然のことですが、
ページ構成がちゃんと考えられているんだなと思います。

スーツを着て鎌倉の蕎麦屋にいるところ 4ページ

マッカラン(ウィスキー)の記事広告 2ページ

パリの美食界最新情報 8ページ

KRUG(シャンパン)の記事広告 4ページ

釈由美子のセクシーな写真とインタビュー 6ページ

この釈由美子のインタビューの中に恋愛とデートの話があって、
サインに気づかない男性もいますよね、という振りのあとに、
「…もう一杯飲みたい気分なのにお開きになさるとか」
なんて言わせている。

女性をデートに誘うなら、
こんな服を着て、こんなイメージのお店に行って、
シャンパン飲むなら奮発してKRUGにしなよ、
そこから釈由美子みたいなセクシーな妄想につなげていけと、
そういうことでしょうか(単純すぎ?)

 

なんにせよ、雑誌から学ぶことは多いです。
コンビニや書店で立ち読みして、
読んでみたい記事だけ読んで棚に戻す。
という読み方もあるとは思いますが、
買ってじっくり、興味がなかった部分も合わせて読んでみる。

そこに新しい発見があります。
これはどんな雑誌でも同じこと。

ファッション誌で見るなら、
写真の撮り方、誌面のレイアウト、ページ構成、本文の書き方、
こういう「見せ方」の部分。
ここはもっと、意識を持ってやったほうがいいよな、と、
僕自身思いました。

イメージ戦略、ブランディングの最先端なわけで、
お手本にしない手はありません。

もちろん、外見も含めて。

GQでなければいけない理由は、もちろんありません。
女性ならVOGUEじゃなくてもいいですよね。

自分が見られたいイメージをすでに提供している、
その雑誌から、あなたもぜひ学んでみてください!

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://ow.ly/t3Dsb
「あなたを知ってもらう」ための
<プロフィール作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/05/27
発行者:須賀和

 

-メルマガ

Copyright© ymtsg blog , 2018 All Rights Reserved.