メルマガ

いま、どう広告したらいいのか?

投稿日:

須賀です。

広告って好きですか?

僕は好きです。

でも、あなたもそうかもしれませんが、
ほとんどの人は「キライ」でしょう。

Facebook、Twitter、インスタ、
他にいろんなネット媒体であっても、
見てたら基本的に「邪魔」ですよね。

なんでキライになるか?というと、
「自分には関係ない」広告が
表示されてるからです。

でも、たまに、
「あ、これなんだろう、気になる」
みたいな、ピンと来るものがあって、
思わずクリックしてしまうことだって
あると思うんですよ。

その先のページで、あなたが
紹介されている商品やサービスに
興味を持って、試供品の取り寄せや
購入につながったら、それはいい広告。

というか、あなたの役に立ったということ。

でも、大半の広告は、興味無しでスルー、
邪魔認定されてしまうわけです。

邪魔認定される、ということは、
広告を配信する側と、あなたとの間で
「ミスマッチ」が起きているんですね。

つまり、
興味を持ってくれそうにない相手に
広告を送ってしまっている。

これ、広告を送る側にしてもロス。
印象が悪くなる原因にもなるので。

そういう事情もあって、
テレビなどの不特定多数を相手にした
広告はどうしても「イメージ」の
いいものになる。

ふんわりとした、なんか良さそう、
みたいな感じにするわけです。

「この会社、なんかいいわぁ」って
気になる存在になるようにして、
いざ「買おうかな」というときに
選択肢に入れてもらおうとする。

対して、ネットの広告やチラシなどは
まず「目に留まる」ことが優先です。

スルーされてしまうことが多いので
「ん?なんだこれ?」と思われるように
表現やデザインが刺激的なものが
多くなります。

これがまた、邪魔認定される原因の
ひとつでもあるのですが、人によって
「気になっていること」がそれぞれで
刺激されたら反応せざるを得ない、
みたいなポイントがあるのですね。

で、本題の、
「いま、どう広告したらいいのか?」
なのですが、

広告の本当の目的を考えてみると、

その答えは、

一言でいうと【マッチング】です。

出会いの機会を作ること。

広告を出す時の前提として、
・お客さんは何らかの問題を抱えている
・その問題を解消する商品やサービスを
私(自社)は提供できる
ということがあります。

わかりやすいのはライザップ。

ダイエットしたい、痩せたい、って人に
2か月で痩せるプログラムありますよ、
過去に利用した方のビフォーアフターが
キチンとありますし、返金保証だって
ありますよ、って打ち出す。

とてもシンプルな構図なんです。

なので、もし、あなたがいま、
いろんな広告を使って売上を伸ばしたい
というタイミングなのであれば、
以下の3つをアピールしてみてください。

1.お客さまの抱えている問題
2.その問題をあなたが解決できる理由
3.問題を解決したあと、どうなっているのか?

これらがキチンと伝えられると、
気になる、お問い合わせする、お試しする
そんな人たちが増えていくはずです。

さらに言うと、広告の「配信先」を
見定めて出すことで、邪魔認定も減り、
広告費も抑えられます。

やみくもに広告するよりも、当然ですが
費用対効果も高くなるもの。

このご時世です。

・ネットを使った広告でオンラインの販売を増やそう
・地域の方向けにチラシをポスティングしよう
といった考えを持つのはアリだと思います。

ただ、どういうツールを使って、
どうやって広告したらいいかわからない…

そんなお悩みもあるかもしれません。

お悩みを解消する、というか、
ちょっと相談してみたいとお思いなら、
ぜひ、僕にお声がけください。

状況をじっくりとヒアリングして、
どのように進めるのがいいか?を
アドバイスし、必要に応じて、
HP、LP、チラシの作成もいたします。

ちょっとでも気になったら、
以下のフォームにご記入いただき、
送信してください。
https://ws.formzu.net/dist/S98910252/
(フォームからのメール相談は無料です)

メールをやり取りしてみたあと、より詳しく、
オンラインでのヒアリング相談をご希望なら、
初回のヒアリングは通常32,000円のところを
期間限定、8,000円でお受けします。

ぜひ、お気軽にどうぞ。

-メルマガ

Copyright© ymtsg blog , 2020 All Rights Reserved.