メルマガ

真善美の順番。

投稿日:

須賀です。

真善美。
どこかの女性の名前ではありません。

しんぜんび。
真、善、美。

真は、社会のシステム的に合っているかどうか?
善は、コミュニティの道徳にかなっているかどうか?
美は、自分の美意識に沿っているかどうか?

こういう話ですね。

バランスが整っているのがいい、
ということなのかもしれません。

ここで気になるのは、
どういうバランスか?
なのですね。

もしかしたら、多くの人は、
真と善に傾きがちなのでは?

システムと道徳に自分を合わせる、
そういうスタンスが基本になっている。

社会的な「ルール」「常識」に合わせる

でないと、日々の生活の糧が手にはいらない、
だからしかたがない、ってことですね。

だけど、中には、
美を生活の中心にしている人もいます。

自らの美意識こそがすべて、
というような。

求道者のように、ただ美を追い求める。

そういう生き方って、理想的だと思います。

世俗との距離を絶妙に保ちながら、
自分のスタンス、美意識を追求できたら
どんなに幸せなことだろうか?

そう思うかもしれません。

でも、とても難しいです。

昨日、とてもアーティスティックな方の
話をじっくりと聞いて理解しました。

美だけでは生きていけない。
この貨幣経済、資本主義社会では。

システムが変革するとしても
しばらくは今の感じで進むわけで、
無視してどうこうできない。

真=今の社会の最適みたいなもの
善=みんなが良しとしていること
これらはすぐには変わらない。

ゆっくりと変わっていくんですけど、
すぐじゃないんですね。

惑星と同じ、かもしれません。
月だって、満ち欠けするのにひと月かかる。

だけど、変わってはいきます。

そのスタートはどこからか?

これは「美」からです。

個人の美意識の変容が、
集団の美意識や文化につながる。

それが善の変化になっていって
さらに真が影響を受けていく。

真=社会のありよう、によって、
また個人の美が揺さぶられていき、
集団の善が見直されて真が更新される。

こういう螺旋的なループがある。

今の状況も同じでしょう。
真善美のアップデートのタイミング。

美は美意識でもあり、
つまりは、個々人のスタンスの話。

自分を見直してみて、
自分にとっての美を認識して、
それを追求していくこと。

そのスタートから、
善と真が変化していく。

順番を、そもそも変えないとね。

-メルマガ

Copyright© ymtsg blog , 2020 All Rights Reserved.