メルマガ

美味しいチャーハンを作る方法

投稿日:

須賀です。

どうやったら美味しいチャーハンが作れるのか?

昔、2chかなにかで見た回答に、こんなのがあります。
「まず、田んぼを買います」と。

「そこからかよ!」というツッコミが入るわけですが、
あながち間違っているとも思えません。

仮にネギチャーハンを作るとしたら、
最低限の原材料は米、卵、ネギ、油、塩、胡椒かな?
僕はだしの素的なものや醤油もちょっとかけますけど。

チャーシューとかエビとかレタスとか、
いろいろ入れたいのは我慢してもらって、
超ベーシックなチャーハンを作ると考えてください。

ネギチャーハンだけで6種類の素材がある。

で、一番重要なのは、もちろん米ですね。

どんな米を使うかによって、味と触感は大きく変わる。
水分が多くてモチモチなコシヒカリを使うのか?
サラッとして主張の少ないササニシキを使うのか?
パラッパラの食感がいい長粒米を使うのか?

全然違うわけですよね。

チャーハンと言っても、パラパラのが好きな人もいれば、
しっとりしたのが好きな人もいるわけで、いろいろです。

米だけを取ってみても、人によって好みは分かれます。

ということは、完璧に理想的なチャーハンを作るには、
自分で田んぼを買って、米作りからしなければならないのです。

それも、減農薬で目をつぶるか、完全無農薬か、無肥料か、
気候条件を考えたらどこがいいか、土は、水は、などなど…
いろいろ選択しながら、考えていく。

これに加えて、
卵は平飼いの有精卵がいい、
ネギはどこどこ産の自然栽培のやつがいい、
油はどこどこ産のなんとか油がいい、
塩はどこどこの天然塩、
胡椒も無農薬、無肥料のやつがいい、
みたいに選んでいくと、キリがないですね。

ただ、それぞれのベストを組み合わせたところで、
完璧な自分好みの味になるともかぎりません。
「塩の主張が強すぎるな」とかあるわけです。

なので、もうちょっとあれがこうだとか、
調整が必要になっていく。

で、あれやこれや試していった末に、
やっと自分好みのチャーハンができる。
(調理技術は同時進行で習得するとして)

「いやー、美味しい。最高のチャーハンだ」
って、至福のときを迎えること間違いなし。
何年かかるかわかりませんけど。

でね、前置きが長くなったんですけど、
この話、チャーハンの話じゃないんです。

生き方、暮らし方のスタンスの話。

なにを、どこまで、どのように「こだわるか?」

美味しいチャーハンのために田んぼを買うのか?
人それぞれの選択なのですが、そこまでヤル人もいるわけで、
やりすぎとかどうとか関係ないのです。

好きなだけこだわって、
好きなだけ丁寧に、
好きなだけ探求する。

そんな感じで生きていくと決めるしかないのかなと。

先行きの不透明な時代、
なにが正解かわからない以上は、
「自己実現」を中心に置いていいと思う。

美味しいチャーハンを作るためだけに身を捧げてもいいわけです。

というか、
自己実現を中心に置いて生きる人が
イキイキとしている姿こそが、
あるべき社会の状態なんだと、僕は思う。

チャーハンじゃなくてもいいので、
自分なりのなにかを、追求していっていいはず。

-メルマガ

Copyright© ymtsg blog , 2020 All Rights Reserved.