フリーランス,起業家の集客を支援するymtsg Blog

起業家のための集客、プロモーション、マインドセットに小さなチャレンジを

*

【MfYS】区別と差別と多様性と、いろいろ

      2014/03/16

須賀です。

あなたは、差別主義者ですか?

「◯◯な人とはつき合わないようにしている」
っていう決めごとはあるでしょうか?

おそらく、
答えは、
「そんなのない!」
でしょうね。

正直に言います。
僕は差別主義者とまでは言いませんが、
人を選びます。

<不誠実>な人とは関わらないと決めています。

不誠実な人物はつきあう価値がないと判断し、
「不誠実=悪」だと一方的に決めつけて、
そんなヤツはクソだ!と、差別しているわけです。

なんでこんな話を始めたのかというと、
メディアで話題になっている、
浦和レッズサポーターによる横断幕の話が目についたからです。

くだんの横断幕は、
スタジアムの中で、ピッチから見えるように掲示されていたのではなく、
観客席の入口にあったそうです。

そこに、
「JAPANESE ONLY」
と。

これを掲示した人の意図は、
「ゴール裏(特に熱狂的なサポーターが集まる応援席)は聖地なので、
そこに外国人が入ってほしくない」
という主旨のことだそう。

この横断幕の掲示に関わった人、その人の所属するサポーターのグループは、
無期限の入場禁止になりました。
また、浦和レッズは次の試合(?)で、Jリーグ史上初の「無観客試合」の処分を受けます。
これに係る金銭的負担はすべて、浦和レッズが負います。

無観客試合って、ただ単に試合の入場料収入がゼロになるってだけじゃないですよ。
(それだけでもけっこう重い処分ですが)
年間シートを買っているサポーターへの保証とか、
レッズサポーターだけでなく、対戦チームのサポーターですでにチケットを買っている人への対応とか、
そういったことに係る事務的な負担も全部、
浦和レッズが負うことになるんでしょう。

サッカーでは、この種の人種差別については、
どこの国でも重い処分が下されます。
浦和レッズは、もしまた同じような事案が発生した場合には、
降格もしくはライセンス剥奪もありうるんだとか。

ライセンス剥奪って、つまりはチームが無くなるってことですからね。

サッカーのみならず、スポーツ界全体でも、人種差別は重要な問題です。
ソチ五輪開幕のときに、GoogleがトップページをLGBTを象徴する配色にしましたよね?

もちろん、マーケティング的な観点が大きいと思いますが、
スポーツが政治に与える影響も大きいし、
逆に、政治がスポーツに与える影響も大きいので、
スポーツ界としては、すごくナーバスになっているんじゃないでしょうかね?

さて、区別と差別と多様性について。

人を区別するってのは普通にあって受けいれられていますよね。
学習塾なんかの英才教育がそういうもの。
試験の偏差値で区切って、クラスを分けたりします。
モンスターペアレントがクレームを言ったりもするでしょうが、
数字で切っているだけに、しょうがない。

差別は、生まれたときの出自によって起きたりするわけでしょ?
僕も中学、高校で「同和差別」「部落差別」についての授業とかありました。
地域性もあるんでしょうが、これらはあっても国籍についての話はなかったです。
さっくり言えば「差別しちゃダメよ」って話。

で、本題は多様性です。

要は、人はみんな違うわけです。

出自も違うし、
遺伝子も違うし、
(瞳の色も肌の色も)
生まれ育った環境も違う。

自分でコントロールできないことについての差別は、
理不尽でしょうね。
「それを言われてもさぁ」
としか言いようがない。

そこで、じゃあ、
差別をするような差別主義者
を「絶対悪」だとして、
言わば差別する、吊るし上げることは許されるのか?
と、思っちゃったりもするわけです。

「JAPANESE ONLY」の弾幕を掲示した人が、
無条件に糾弾されることが正しいのかってことです。

差別をするかどうか、っていうのは思想ですよね。
その人が生まれ育ち、見て、聞いて、感じたことで形づくられているもの。

よく冗談みたいな話でこう言われます。

多様性が大事だと主張する人の中には、
「多様性なんていらない」という人を、
無視したり排除することがある。

結論としては、
実はよくわからないんですけど、
差別に対して敏感になりすぎるのもどうかと。

今回の浦和レッズの件で、
「日本人は差別に対して鈍感すぎる!」
という人もいるみたいですけど、
裏を返せば、
鈍感だってことは、普段からそんなこと意識してないってことでしょ?
だからまた、安易なんですよね。

なんて言うか、
差別する人がいて、差別を許さない人がいて、
「どうでもいい」を含めた圧倒的多数の中間がいる。

いろんな人がいるなってことで、多様性を認めるぐらいの話で、
いいんじゃないでしょうかね?

僕個人としては、
差別主義にしても、肯定、否定ではなく、
様々な背景があってそうなっているわけで、
そういう考え方の人もいるんだというだけで、
わざわざ「攻撃」をしなくてもいいのでは?
ってことです。

言ってみれば、一種のあきらめ。
「差別したい人ってのもいるんだよねぇ」
っていうような。

浦和レッズのクラブとしてはそういう対応は社会的に許されないんでしょうけど、
個人の信条としては、そういうのもあっていいでしょう。

「差別のない社会を!」と唱えている人が、
差別主義者を差別して攻撃するのは、
なんだかなぁと思ったりもする。

ま、今日のメルマガは、そんな、僕の独り言です。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://ow.ly/t3Dsb

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/03/15
発行者:須賀和

バックナンバーなどはコチラから
http://yamatosuga.com/

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/ChangeAuto?e=EnKPNslbJa574F2oHZIIOg11

購読停止は次のURLをクリックしてください
https://mm.jcity.com/Cancel?e=EnKPNslbJa574F2oHZIIOg11
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 - メルマガ , ,