不確実な未来に、必要かもしれない知恵を共有しようかな。

ymtsg Blog

メルマガ

お〜、しっと!のときには…

投稿日:

あなたがイライラするとき、どんな感じになるでしょう?

グッとこらえるタイプでしょうか?
皮肉っぽく指摘しますか?
大きな声を出すのでしょうか?
周りを使って相手をおとしめるようなことをするでしょうか?

ま、いろんなタイプがいますよね。

中には、
そもそもイライラすることがない、
という奇特な方もおられると聞いたことがありますが…(笑)
僕は、ご存知のように、
気が短いタイプです。
ちょっとやそっとのことで、イラっときます。

ただ、
大きな声を出したりとか、
直接的に批判、非難したりとか、
あんまりしません。
しなくなった、と言うほうが近いですね。

体育会系のクソな体質が大キライなので、
同じことは絶対にしないと決めているわけです。

その代わりに、
最近ではメルマガのネタにしてますが。
これはこれで「女の子みたい」だなと思うこともあります…f^_^;
さて、
イライラしたときにどうすんのか?
という話ですよ。

斎藤一人さんは、
イライラさせるようなやな奴と出会ったら、
「自分はそんなことをするような人間には育てられなかったんだから、育ててくれた人に感謝だね」
と、おっしゃってます。

これもひとつの捉え方。
また、先日セミナーで教えていただいた、
心理学的なアプローチは、
イライラを感じたら、その原因までさかのぼって、原因を相手とシェアしてみろ、と。

つまりですね、
嫉妬した→不安になった→イライラしてきた
ってなったとしたら、
そのイライラの状態で行動するのではなく、
おおもとにある嫉妬について、
相手にシェアすればいい、ということ。
「それについて、嫉妬したよ」
と。自分の感情だけを伝える感じ。
この感じ、わかりますか?

あ~、なるほど!
って思いますよね。
これらの方法に納得感があるなら、
ぜひ試してみてください。
ちなみに、僕はもうちょっと違うアプローチをします。

これはですね、
一言で言えば、
相手を憐れむ
みたいな感じ。

「こんなやり方でしかできないなんて、なんて可哀想なヤツなんだ…」
とか、そんな感じ。

ある意味では見下します(笑)

自分をイライラさせて、
結果的に損するのは相手ですから。
「残念なヤツ…」
と、思っていいんです。

で、
こっからがポイント。

この残念な相手を救ってあげましょう。
残念なヤツを残念なままで放置しない。

かといって、相手を増長させると逆効果なので、
戦略は必要です。

やり方はケースバイケースですけどね。

基本は、
相手の成長をうながす
です。
間接的に「それじゃダメよ」とは伝える。

 

もちろん、
維持する必要のない人間関係なら、
そこでスパッと切ればいいんですけどね。

ただまあ、
話にならないくらいクソなヤツの周りには、
ありえないくらいいい人がいたりもして、
そこを考えたら、
バランスが難しいなと思ったりもしますけど…。
結局、まとまらないんですけど、
イライラしたときには、
人間関係、コミュニケーションの形を変えるチャンス
として捉えることもできるんですよ。

やり方しだいです。

※もしあなたがこの投稿に共感されたなら、ぜひ、あなたのTwitterやFacebook、ブログ、メルマガなどでシェアしてください!

このメルマガへの登録はコチラ↓から
http://yamatosuga.com/mailmag
「あなたを知ってもらう」ための
<プロフィール作成シート>が、
無料でもらえます!

※携帯のメールアドレスで登録される方のエラーが増えています。
パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを登録なさって
ください!

作成シートではなく、
すぐにでもプロフィール作りたい!
という方は、コチラ↓もどうぞ
http://yamatosuga.com/profile
・・・PR・・・
『人生の9割は逃げていい。』
※立ち読みキャンペーンも開催中!
http://akiraiguchi.com/9wari_campaign/

・・・PR・・・
3週間で50万円の売上をつくるための、
【荻窪式スマートプロモーションメソッド】
モニター募集説明会、追加募集決定!!!
http://kantan-marketing.net/item/37289/4657/
いますぐ日程をご確認ください!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Mail from Yamato Suga
2014/07/29
発行者:須賀和

-メルマガ
-, , , ,

Copyright© ymtsg Blog , 2018 All Rights Reserved.